チェリーアイが治りました|犬の目の内側の赤い粘膜の腫れ

チワワ チェリーアイの画像

犬の寝顔の写真

犬のチェリーアイの画像

数日前からワンコの目の内側の赤い粘膜が腫れて盛り上がっていたのですが、やっと治りました。

【スポンサーリンク】

犬のチェリーアイ

犬の目の内側の赤い粘膜が腫れて盛り上がる病気は「チェリーアイ」(正式名は第三眼瞼腺脱出)というそうです。

目が腫れていたとき
↓↓
チェリーアイ 犬の目お粘膜の腫れの画像
左目の内側の粘膜がぷっくり腫れて飛び出しています。

3日ほどで自然に治りました。
チワワとハチの画像
もう全然粘膜は見えません。

白黒チワワの寝顔の写真
眠いそうです。

チワワの寝顔の写真
寝ちゃいました。

ワンコ チワワの画像
写真を撮られているのが気になって起きたけど、やっぱり眠いようです( ̄。 ̄)

【スポンサーリンク】

チェリーアイの原因は?

うちのワンコは一昨年ぐらいから2〜3ヵ月に1度ぐらいの頻度でこのチェリーアイの症状が出るようになりました。
でも、何の治療もしなくてもすぐに治っちゃいます。半日で治り時もあるし、長くても1週間ぐらいで勝手に治ります。

急に腫れて急に治るのでアレルギー反応かな…と思ったのですが、なにか特別に違うものを食べた時に腫れるというわけでもないようなので、アレルギーというわけではなさそうです。

思い当たることといえば、部屋の模様替えなどをしてワンコの環境がちょっと変わってワンコに不安を与えた時によくなるような気がします。
ストレスで免疫力が弱くなって炎症が起きやすくなるのかもしれません。

最初に腫れた時にはびっくりして、どうなっちゃったんだろうと思っておろおろしちゃいましたが、そのうち治るだろうと思って様子を見ていたら2日ほどで治りました。

最近は慣れちゃって、「ああ、もう、また腫れてるやん、しっかり寝て早く治しなさい」という感じで無理やりお昼寝させちゃいます。ちょっとお昼寝しただけで治ったりするときもあります。

チェリーアイは早期治療が必要?

ネットで調べたらチェリーアイは早期の治療が必要で自然治癒は見込めないとか、完治させるには手術しかないというようなことが書いてあるのですが、うちのワンコの場合は発症しても1週間以内に勝手に治っちゃうし、別に痛そうでもないし、症状がどんどん悪化しているとか、症状が出る頻度がどんどん上がっているというわけでもないので、治療の必要性は今のところまったく感じていません。

腫れるといっても軽症だし、もう老犬なので、たまに症状が出るぐらいなら手術とかしなくてもこのままでいいかな…と思っています。
老犬だから、あんまり手術とかそういう体に負担をかけるようなことはしたくないので…。

このまま様子を見て、あんまり頻繁に症状が出るとか、どんどん症状がひどくいくとか、症状が長引いて1週間以内に自然治癒しないというような場合には病院での治療を検討しようと思います。