ストックの花言葉・誕生花

ストック(白色)の画像

ストックの花(白色)の写真

ストックの花・白の写真

ストック・白の画像

ストック花の写真花言葉名前の由来別名誕生花の紹介です。

ストック

ワンコの散歩で出会ったお花☆ストック

ストックの花の写真

ストックの花が咲いていました。

ストック

ストックは地中海地方原産で、ギリシャ時代から栽培されており、古代ギリシャやローマ時代には薬草として利用されていたそうです。

日本へは江戸時代に渡来してきたとされています。

ストックの花

昔、求愛の時には花を添える慣習があり、ストックの花がよく使われていたことから「求愛」という花言葉がついています。

白いストックの花の写真

古き時代のフランスの男性は意中の人に出会うと、「浮気をしない」という誓いを込めてストックを帽子の中に入れて歩いたそうです。

白いストックの画像

【スポンサーリンク】

ストックの基本情報

科名:アブラナ科

学名:Matthiola incana

原産地:南ヨーロッパ

草丈:20cm-80cm

開花時期:11~4月

花色:赤、ピンク、白、紫、黄など

ストック(stock)の名前の由来

ストック(stock)という花名は、スキーのストックと同じで「茎」や「幹」を意味する「Stock(ストック)」が語源で、茎が太くて丈夫なことにちなみます。

ストックの別名

ストックの別名(和名)はアラセイトウ紫羅欄花)です。

アラセイトウという名前は、江戸時代にストックが日本に入ってきたとき、葉の質感が毛織物のようであることからポルトガル語でラシャ布を意味する「ラセイタ」と呼ばれるようになり、それが「葉ラセイタ」→「紫羅欄花(アラセイトウ)」に変化したと言われています。

学名のマッティオラ・インカナの「マッティオラ」は植物学者の「Pietro Andrea Mattioli (ピエトロ・アンドレア・マッティオーリー)」の名前に由来します。
「インカナ」は「灰白色の」という意味で、茎葉に細かい毛が生えて灰白色に見えることにちなみます。

英名は「Gilly flower(ジリーフラワー)」(案内人の花)で、道端の壁に沿って咲く様子が道案内をしているかのように見えることに由来します。

【スポンサーリンク】

ストックの花言葉

「永遠の美」
「愛情の絆」
「求愛」
「永遠の恋」
「見つめる未来」
「平和」
「真面目」
「愛の結合」
「単純」
「素朴」
「逆境に堅実」

(赤)私を信じて
(白)思いやり
(紫)おおらかな愛情
(黄)寂しい恋
(ピンク)ふくよかな愛情

誕生花

ストックは、1月10日、2月8日(ピンク)、2月9日、2月20日(紫)、3月2日、3月7日(白)、7月16日の誕生花です。

写真の詳細

この記事のストックの写真に使用したカメラとレンズ。

【カメラ】Canon EOS 80DCanon EOS Kiss X5
【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USMCanon EF35mm F2 IS USM

【スポンサーリンク】