JAGMO 「伝説の音楽祭 勇者たちの響宴」の感想

JAGMO(ジャグモ)のコンサート

伝説の音楽祭 -勇者たちの響宴-

ゲーム音楽専門のオーケストラJAGMOジャグモ)の公演「伝説の音楽祭勇者たちの響宴-」の10月24日の夜の部に行ってきました。

場所は新宿文化センター大ホールです。

JAGMO(ジャグモ)の公演・伝説の音楽祭 - 勇者たちの響宴 -の写真

【スポンサーリンク】

JAGMOの公演「伝説の音楽祭 勇者たちの響宴」の感想

前回の公演に比べると、かなり音響がよくなっていました。
3ヶ月前に文京シビックホール大ホールで行われた「伝説の戦闘組曲」のときは音響設備の加減だと思うのですが全体的に音が小さくて、遠くのほうで演奏しているというような感じだったのですが、今回は充分な音量で、弦楽器の音やピアノの繊細な音もしっかり聴き取れました。

セットリストもとてもよく考えられていて、初っ端からいきなり胸にじーんとくる曲で攻めてきて、最後まで感動が途切れることなく、いい感じの余韻を残して終了。

曲目は、1曲めは、CHRONO CHROSの「時の傷痕」。続いてCHRONO TRIGGERのから7曲、サクラ大戦から1曲、モンスターストライクから6曲、MOTHERから4曲、ROMANCING SAGAから5曲、KINGDOM HEARTSから4曲、FINAL FANTASYのⅩ、V、IV、VIから一曲ずつ、24日夜公演限定の「Eyes on me」、FINAL FANTASYのⅩから5曲。

進行も前回の公演よりスムーズで、無駄をそぎ落として「音だけで勝負」という感じでした。こういう淡々とした進行のほうが、終始適度な緊張感があっていい感じですね (*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン

というわけで、前回に比べるとあらゆる面でかなりバージョンアップしていました☆

客席はほぼ満席。

1人で来ている方も多かったけど、カップルも意外と多かったです。
ゲーム音楽って胸がキュンとなるようなロマンチックな曲が多いし、そのうえオーケストラの演奏だと優雅でオシャレな雰囲気も出るので、デートでゲーム音楽のオーケストラを聴きに行くというのは結構いいかも。。。2人の愛は更に深まったりして(“▽”)

ちなみに私は、、1人で行きました(-.-;)

同じオーケストラの公演でもクラシックの曲だとどうしても途中で退屈しちゃったり眠くなったりしてしまいますが(私の場合は…ですが)、ゲーム音楽だと手に汗握るような戦闘シーンの曲もあるし、思わず泣いてしまうような哀愁いっぱいの曲もあるし、終始退屈せずに楽しめます。

公演を重ねるたびにどんどん進化しているJAGMOなので、次の公演ではどれぐらいバージョンアップしているのかが楽しみです☆

【スポンサーリンク】

チケットの種類

今回のJAGMOの公演は「幻のシート」「プラチナシート」「はがねのシート」「銅のシート」「こんぼうシート」 という5種類のチケットが発売されていて、その説明書きはこんな感じ↓

JAGMO(シャグモ)の公演・伝説の音楽祭 - 勇者たちの響宴 -のシートの説明

私は「さいこうきゅう」のプラチナシートで、2階席の前の方でした。

「幻のシート」と「こんぼうのシート」の場所がどのあたりなのかが気になりますね…(・・∂)

【スポンサーリンク】