鹿の子あんみつ|銀座 鹿乃子 本店

鹿の子あんみつ(銀座 鹿乃子 本店)

鹿の子あんみつ

銀座 鹿乃子 本店鹿の子あんみつのグルメレポートです。

【スポンサーリンク】


銀座 鹿乃子 本店

銀座に行ったついでに、銀座 鹿乃子 本店の甘味処にあんみつを食べに行きました。

銀座 鹿乃子 本店は2階が甘味処になっていて、1階は和菓子売り場で「鹿の子」などの和菓子が売られています。

甘味処は気軽な感じのお店で、ぶらっと立ち寄ってちょっと休憩するのに丁度いい感じです。
1人でも入りやすいお店です。

平日だったのですぐに入店出来ましたが、土日は人が並んでいるときもあるようです。

メニューは、あんみつ、みつまめ、ぜんざいなどの甘味以外に、きしめん、おこわなどのお食事もあります。

あんみつだけでも8種類ぐらいあるのですが、今回はその中から「鹿の子あんみつ」にしてみました。

【スポンサーリンク】

鹿の子あんみつ

鹿の子あんみつは、鹿乃子の和菓子屋の看板商品である「鹿の子」という栗と五色の豆で周囲を覆った和菓子のあんみつバージョンというような感じです。

鹿の子あんみつにかける蜜は、白蜜と黒蜜の2種類から選べます。
お好みでバニラアイスか抹茶アイスをトッピングすることもできます。

蜜は黒蜜にして、バニラアイスをトッピングしました。

運ばれてきた鹿の子あんみつは予想以上に大きくてびっくり(@_@)
どんぶりサイズです。
鹿の子あんみつ(銀座 鹿乃子 本店)の画像

あずきは備中大納言のつぶし餡で、色んな種類の豆(虎豆、紫花豆、花白豆、赤エンドウ豆)も入っています。
国産テングサ100%の寒天と、白玉と抹茶白玉も入っています。

別の容器に入っていた黒蜜をかけてみました。
鹿の子あんみつの写真
つやつやになって、更に美味しそうになりました(°▽、°)
黒蜜は、黒糖以外に和三盆糖、三温糖、ハチミツ、水あめ、ザラメを使っいるそうです。

で、気になるお味は…

かなり甘いです(≧∇≦)

甘納豆に蜜をかけて食べているような豪快な甘さです。
ついていた黒蜜をドバっと全部かけちゃったのがいけなかったのかも (^^;)

豆もあずき同様に甘く煮てあるので、黒蜜をかけなくても充分な甘さがあります。
なので、黒蜜は様子をみながらかけたほうがよさそうです。

今回は抹茶を頼まなかったのですが、抹茶と一緒にいただいたら丁度いい感じだったかもしれません。

豆がたっぷり入っているので、これだけでランチがわりになりそうなぐらいボリュームがあります。
デザートとして食べるなら、半分の量ぐらいでちょうど良さそうです。

豆はほっくりとしていてかなり美味しいです。
癖になる美味しさかも(*´~`*)

この鹿の子あんみつのお値段は1,380円。
トッピングのアイスの150円を加算すると1,530円。
なかなかの高級あんみつです。

甘くて量も多いので、2人で行って2人とも抹茶を頼んで、あんみつは1人分を2人でシェアしたら丁度いいかもしれません。

甘味処は2階ですが、お会計は1階の和菓子売り場でします。
お会計をする際に、ついでにお土産に和菓子を買って行ってもらおうという作戦のようです。

が、しかし、どんぶりサイズのあんみつを食べたところで甘いものは飽和状態に達していたので、和菓子を見ようという気にさえなれず、その作戦にはハマりませんでした。

あんみつのあずきやお豆がものすごく美味しかったので、和菓子もきっと美味しいはずです。

今度機会があったら鹿乃子の和菓子を買ってみようと思います。

銀座 鹿乃子 本店の店舗情報

【住所】東京都中央区銀座5-7-19 
【アクセス】銀座駅 徒歩2分

【スポンサーリンク】