京都嵐山「熊彦」の会席料理

京都旅行・グルメ編

嵐山 熊彦の会席料理

熊彦のマツタケと鱧の土瓶蒸しの写真

嵐山熊彦の会席料理の写真

【スポンサーリンク】



京都嵐山の屋形船でお月見を楽しんだあとは、料亭の熊彦のお座敷に移って会席料理をいただきました☆
熊彦はこの夏に軽井沢に行った時にランチを頂いたお店の系列店です。

先付けと鮎の塩焼きは屋形船で食べたので、その続きから出てきました。

京都嵐山熊彦の画像
ウニが入っていて、上品なお味。

熊彦のお刺身の画像
お刺身。

京都嵐山熊彦の酢の物の写真
カニの酢の物。

京都嵐山熊彦の会席料理の画像
炊合せ。彩りが綺麗です。

熊彦の土瓶蒸しの写真
土瓶蒸し。
マツタケとハモがたっぷり入っていました(。^~^。)
土瓶蒸し、大好きです。

京都嵐山熊彦の松茸ご飯の写真
松茸ご飯。
うま〜ヽ(°▽、°)ノ

京都嵐山熊彦の会席料理のデザートの写真
デザート。

【スポンサーリンク】



どれもすごく美味しかったです。
勢いやインパクトや強烈な個性はありませんが、老舗の料亭らしい安心感のある上品な美味しさでした。

芸姑さんがずっと隣に座ってお酌をしてくれたので、カロリーを気にしつつも、日本酒の熱燗をいっぱい飲んじゃいました。
屋形船にいた間もずっと飲み続けていたので、いったいどれぐらい飲んだのか検討がつきません。
でも、ぜんぜん酔いませんでした。

熱燗は温めているのでアルコール分が全部飛んじゃっていていくら飲んでも酔わないのかも…
なんて思いながら、同席していたきゅーちゃんを見たら、

熱燗を飲みながらベロンベロンになっていました(・・;)

お食事が終わったあとで、「あの土瓶蒸し、美味しかった」ときゅーちゃんに言ったら、「え、そんなのあったっけ?」とハテナ顔をされちゃいました。

「マツタケご飯も美味しかったね」と言ったら、「そんなのがあったような気もするなあ…」と曖昧な返事。

結局、酔っていて、何を食べたかまったく覚えていないようでした。
高価な感じの会席料理なのに、なんだかもったいない感じ(゚ω゚;)

他に参加されていた方々を見ても、やっぱりお料理の味もわからなくなっていそうなぐらい皆さんベロンベロン。

まあ、皆さん、こんなお料理食べ飽きちゃってるというような感じのセレブな方々ばかりだったので、お料理なんてどうでもいいというような感じでしたが…

私はぜんぜん食べ飽きてないので、一皿一皿大事に味わって美味しくいただいちゃいました(*´~`*)
(つまり、私1人だけガツガツしていたという感じ…)

会席料理のあとは、芸姑さんや舞妓さんと一緒に祇園に繰り出してどんちゃん騒ぎヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

屋形船とお料理と飲み代と芸姑さんの派遣料の総額がおいくらだったのかは不明ですが、自分のポケットマネーでは絶対に払えない金額であるということだけはたしかです(・・;)

こんな豪華なイベントツアーに招待していただけて、感謝感激♪

いい気分転換になりました☆(*^^*)



【登場人物の紹介】
きゅーちゃん = きゃりーぱみゅぱみゅ似のセレブなゆるキャラ才女



■この記事は、前の記事の「 京都の嵐山の屋形船でお月見」のつづきです。

【スポンサーリンク】