マリーゴールドの花言葉(色別)・マリーゴールドの花の写真

マリーゴールドの花・赤✕黄の写真

黄色✕赤のマリーゴールドの花の写真

マリーゴールド花の写真色別花言葉・名前の由来の紹介です。

マリーゴールド

ワンコの散歩で出会ったお花★マリーゴールドの花

マリーゴールドの花の写真

黄色✕赤のマリーゴールドが咲いていました★

マリーゴールド・赤✕黄の画像

黄色✕赤のマリーゴールドの画像

【スポンサーリンク】


マリーゴールドの基本情報

科・属名:キク科コウオウソウ属

学名:Tagetes

原産地:中米(主にメキシコ)

開花期:4月-11月

草丈:20cm~1.5m

花色:黄色・オレンジ・赤・白・クリーム色

マリーゴールドの名前の由来

マリーゴールドは聖母マリアの祭日にマリーゴールドがいつも咲いていたことから「聖母マリアの黄金の花(マリーゴールド)」という名前がつけられたという説と、仏語の「marais(沼)」 に由来するという説があるそうです。

学名の「ターゲテス、タゲテス(Tagetes)」は、植物学者リンネがこの花をエトルリアの美の女神である「ターゲス、タゲス(Tages)」に捧げたことに由来するそうです。

マリーゴールド別名

センジュギク(千寿菊)・クジャクソウ(孔雀草)・ホソバクジャクソウ(細葉孔雀草)

センジュギク(千寿菊)という名前は、開花期が長いが万寿菊よりはやや短いことにちなんでいます。

【スポンサーリンク】

マリーゴールドの花言葉

「勇者」
「悪を挫く」
「濃厚な愛情」
「生きる」
「友情」
「悲しみ」
「嫉妬心」
「別れの悲しみ」
「悲哀」
「絶望」

黄色いマリーゴールドの花言葉

「健康」「下品な心」「可憐な愛情」

オレンジ色のマリーゴールドの花言葉

「予言」「真心」

黄色いマリーゴールドの花言葉の由来

黄色いマリーゴールドの花言葉「下品な心」「可憐な愛情」は、水の妖精クリスティと太陽の神アポロンの神話に由来しています。

太陽の神アポロンに恋をしていた水の妖精クリスティは、アポロンと恋仲だった王女レウトコエを妬み、レウトコエの父に二人の関係を密告します。怒った父はレウトコエを生き埋めにしてしまったため、クリスティは自分の行動を悔やみ、地面に座ったままアポロン(太陽)を見続け、9日後にマリーゴールドに変わってしまいました。

黄色いマリーゴールドの花言葉の「可憐な愛情」はクリスティのアポロンに対する純真な思いを現しており、「下品な心」はクリスティのアの嫉妬に狂った心を現しているそうです。

オレンジ色のマリーゴールドの花言葉の由来

オレンジ色のマリーゴールドの花言葉「真心」は、美少年クレムノンと太陽の神アポロンの神話に由来しています。

美少年クレムノンはアポロンを慕い、毎日アポロン(太陽)を見ることで幸せを感じていました。やがてアポロンもクレムノンに恋をしますが、そのことに嫉妬した雲の神がアポロンを雲で覆い隠してしまい、8日後にクレムノンは死んでしまいます。アポロンはクレムノンの死を悼み、クレムノンをオレンジのマリーゴールドに変えたといわれています。

この神話のクレムノンのアポロンに対する一途な思いから、「真心」という花言葉ついたそうです。

以前に撮った黄色のマリーゴールドの写真


黄色のマリーゴールド(色別の花言葉)の写真

昨年に撮った黄色のマリーゴールドの写真です。

黄色のマリーゴールド(色別の花言葉・花の写真)の画像

【スポンサーリンク】