赤いマリーゴールド(花の写真&花言葉)

ストロベリーブロンド・マリーゴールド・赤の花の画像

ストロベリーブロンド・赤いマリーゴールドの花

ストロベリーブロンド(フレンチマリーゴールド)の画像

マリーゴールドの花の写真・花言葉・名前の由来・別名・誕生花・マリーゴールドにまつわる神話の紹介です。

マリーゴールド

ワンコの散歩で出会ったお花★マリーゴールド

赤いマリーゴールドの花の写真

赤いマリーゴールドが咲いていました★
ストロベリーブロンド(フレンチマリーゴールド)赤

このマリーゴールドは「ストロベリーブロンド」という品種のフレンチマリーゴールドで、咲き進むにつれて花色がどんどん変化していきます。

ストロベリーブロンド(フレンチマリーゴールド)赤の花の画像

ストロベリーブロンドは通常のマリーゴールドよりも花が大きく、花色がアンティーク調で落ち着いた雰囲気です。

ストロベリーブロンド(フレンチマリーゴールド)の花
【使用カメラ】Canon EOS 80D【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

【スポンサーリンク】

マリーゴールドにまつわる神話

太陽神にあこがれたカルタという乙女は、太陽神を見ることだけが生きがいで、夜も家に帰らずに毎朝一番の太陽を待つ日々を過ごしていました。

カルタは太陽神に恋焦がれすぎて次第にやせ細り、とうとう肉体を失い、魂だけになりました。

カルタの魂は陽炎のように立ちのぼり、太陽の中に吸い込まれていきました。

そして、彼女の立っていた場所には、1本のマリーゴールドが生えていました。

マリーゴールドの名前の由来

マリーゴールドという名前は、聖母マリアの祭日にマリーゴールドがいつも咲いていたことから「聖母マリアの黄金の花(マリーゴールド)」という名前がつけられという説と、フランス語の「marais(沼)」が語源になっているという説があります。

マリーゴールドの花言葉

「勇者」
「悪を挫く」
「可憐な愛情」
「濃厚な愛情」
「生きる」
「友情」
「悲しみ」
「嫉妬心」
「別れの悲しみ」
「悲哀」
「絶望」

(黄色いマリーゴールド)「健康」

(オレンジ色のマリーゴールド)「予言」

誕生花(マリーゴールド)

マリーゴールドは6月5日、7月18日、8月20日(濃黄)、9月2日(黄)の誕生花です。

【スポンサーリンク】

以前に撮ったマリーゴールドの花の写真


3年前に撮ったマリーゴールドの花の写真です。
マリーゴールド(赤色)の写真

赤いマリーゴールドの花の画像

赤いマリーゴールドの画像
【使用カメラ】EOS Kiss X5【レンズ】Canon EF50mm F1.8 II

ダイアリー

今日はお天気だったので、ワンコを犬カートに乗せてちょっと遠出しました。ワンコもご機嫌☆(*^^*)

【スポンサーリンク】