ミヤコワスレ(都忘れ)の花の写真・花言葉

都忘れの花の画像

野春菊(ノシュンギク)、東菊(アズマギク)、深山嫁菜(ミヤマヨメナ)の花の写真

ミヤコワスレの画像

ミヤコワスレ(都忘れ)の花の写真・花言葉・名前の由来・別名・誕生花の紹介です。

ミヤコワスレ(都忘れ)

ワンコの散歩で出会ったお花☆ミヤコワスレ(都忘れ)

ミヤコワスレの花の写真

ミヤコワスレの花が咲いていました★

都忘れの写真

ミヤコワスレの花の画像

野春菊(ノシュンギク)、東菊(アズマギク)、深山嫁菜(ミヤマヨメナ)の画像

【スポンサーリンク】

ミヤコワスレの基本情報

科名:キク科

原産地:日本

開花時期:4月~6月

花色:濃紫、淡紫、白、ピンクなど

ミヤコワスレ(都忘れ)の名前の由来

ミヤコワスレ(都忘れ)という名前は、鎌倉時代に承久の乱に敗れて佐渡へ遠流となった順徳帝が、この花を見ていると都のことが忘れられると言ったことに由来するという説や、順徳帝が京を去るときにこの花を目にとめ、都を忘れることにしようと言ったことに由来するという説があります。

ミヤコワスレの別名

ミヤコワスレの別名は、野春菊(ノシュンギク)、東菊(アズマギク)、深山嫁菜(ミヤマヨメナ)です。

ミヤコワスレの英名はGymnaster(ジムナスター)です。
この名前は、ギリシャ語の「gymnos(裸の)」と「Aster(ノギク属)」が語源で、ノギク属に似ているが冠毛がないことに由来します。

【スポンサーリンク】

ミヤコワスレの花言葉

「しばしの憩い」
「しばしの別れ」
「別れ」
「別離」
「穏やかさ」
「また会う日まで」
「強い意志」
「短い恋」
「忘れ得ぬ人」
「憂いを忘れる」
「別離の悲哀」

誕生花(ミヤコワスレ)

ミヤコワスレは3月11日(ピンク)、6月23日、8月1日の誕生花です。

写真の詳細

この記事のミヤコワスレの花の写真は下記のカメラとレンズを使用して撮影しました。

【カメラ】Canon EOS 80D
【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

ダイアリー

最近、電動自転車が以前よりこぐのが重くなったような気がして、買ったお店に持っていって点検してもらったら、タイヤの空気が減っていただけでした(^^;)

【スポンサーリンク】