バレンタインデーに贈る花・パンジー

パンジー(三色菫)の写真
パンジー(黄色)
パンジーの花(黄色)
パンジー花の写真花言葉・聖バレンタインに纏わるパンジーの伝説の紹介です。

パンジー

ワンコの散歩で出会ったお花★パンジー

パンジーの花の写真

黄色のパンジーの花が咲いていました。
三色すみれの花(黄色)の写真

ヨーロッパでは、バレンタインデーにパンジーの花を恋人に贈る習慣があるそうです。

三色すみれ(黄色)の写真

サンシキスミレ(黄色)

サンシキスミレの花(黄色)の画像
font size=”2″>【使用カメラ】Canon EOS 80D【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

【スポンサーリンク】

聖バレンタインに纏わるパンジーの伝説

聖バレンタインが投獄されたとき、牢獄の窓口に咲いたスミレの花のハート型の葉を「私を忘れないでください」というメッセージと共に鳩に託したという伝説があります。

その伝説にちなんで、ヨーロッパではバレンタインデーにパンジーを恋人に贈る習慣が生まれたそうです。

バレンタインデーにチョコレートを贈るのは日本独自の風習

バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを渡すという風習は日本独自のもので、実際には聖バレンタインとチョコレートは何の関係もないそうです。

バレンタインデーにチョコレートを渡すようになったのは、1958年に東京のデパートのバレンタインセールでハート形のチョコレートが売り出されれる際に「2月14日のバレンタインデーにはチョコレートを贈ろう」という販売促進のキャンペーンを行ったのが始まりで、その後、日本チョコレート・ココア協会が2月14日を「チョコレートの日」と定めたことで、バレンタイデーにチョコレートを贈るという習慣が日本中に定着したそうです。

パンジーの花言葉

「物思い」
「思慮深い」
「心の平和」
「思想」
「純愛」
「思索」
「楽しい思い」
「私を思って下さい」
「遠慮」

(紫のパンジー)「思慮深い」

(黄色のパンジー)「つつましい幸せ」「田園の喜び」

(白いパンジー)「温順」

(ビオラ)「誠実な愛」「信頼」「忠実」「少女の恋」

【スポンサーリンク】

以前に撮ったパンジーの花の写真


■昨年に撮ったパンジーの花の写真
パンジーの花言葉の画像
パンジーの伝説の画像
パンジー(赤✕黄)の画像
【使用カメラ】Canon EOS 80D【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

■一昨年に撮ったパンジーの花の写真
バレンタインデーの花・パンジーの画像
パンジー(バレンタインデーに贈る花)の写真
【使用カメラ】EOS Kiss X5【レンズ】EF35mm F2 IS USM

【スポンサーリンク】