ペット保険にもっと早くに入っておけばよかった…

ペット保険のイメージ画像

先日、知り合いのワンコが腰を傷めて手術したのですが、治療費が40万円ぐらいかかったという話を聞いてびっくり(@_@)

うちのワンコも3歳ぐらいのときに膀胱結石で手術をしたことがあるのですが、そのときの手術費用は10万円ぐらいでした。

10万円でも、ひ〜!!めっちゃ高い(OoO;) と思ったのに、40万円もかかっちゃっう場合もあるんですね。。

その話を聞いてちょっとビビッちゃって、ペット保険に入っておこうと思ってペット保険のことを調べてみました。

【スポンサーリンク】

ペット保険に入ると手術費用の90%を負担してもらえる

ペット保険 動物病院のイメージ画像
ペット保険は保険会社によって色々と特徴があるようなのですが、ペット保険の大手のアイペットを例にとると、手術だけが保障になる保険の場合は、手術費用(入院費用も含む)の90%も負担してもらえるようです。

90%も負担してもらえたら手術費用が40万円でも4万円で済むのでかなり助かるかも。

月々の保険料は1歳なら月の支払が750円、2歳なら840円、3歳なら940円、4歳なら990円というように、年齢が高くなるにつれ少しずつ上がっていくようですが、まあまあお手頃な価格です。

うちのワンコの年齢(14歳)の保険料はアイペットのサイトに載っていなかったので、とりあえず資料を取り寄せてみました。

資料はネットから無料で取り寄せられます。
【ペット保険のアイペット】


老犬はペット保険に入れない?

老犬のイメージ

今日、資料が届いたので見てみると、なななななんと!!

12歳11か月までのワンコしか申し込みができないようです(@_@)

12歳11か月までに入っておけばその後も継続できるようなので、2年前に入っておけばよかった〜(T△T)

というわけで、うちのワンコはアイペットの保険には入れませんでした。
とほほほほほ。

老犬になると動物病院のお世話になる機会も多くなっちゃいそうなので、ペット保険は制限年齢になるまでに入っておいたほうがよさそうですね…。

【スポンサーリンク】

ペット保険の資料を一括で取り寄せられるサイト

ペット保険の犬猫のイメージ画像

もしかしたら老犬でも加入できるような保険が他の保険会社にあるかもしれないので他の保険会社の資料も取り寄せてみることにしました。

でも会社ごとに毎回毎回資料取り寄せの手続きをするのって面倒なので、複数の保険会社の資料を一括で請求できるようなところはないかな…と思って探してみたところ、ありました☆

保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

とりあえず、上記のサイトに掲載されている保険会社全部の資料を請求してみました(タダだし…)。

今日請求したので、届くのは来週ぐらいになるかも。
老犬も入れるいい保険が見つかるといいな。

保険に入るまでに、ワンコが腰を傷めたりしませんように…(-人-;)(;-人-)

【スポンサーリンク】