ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティー(ザ・ロビーラウンジ&バー)

ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティー

季節野菜のスティック パセリディップ|グレープフルーツジュレ フレッシュストロベリー バジルソース|ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティー

季節野菜のスティック パセリディップ|グレープフルーツジュレ フレッシュストロベリー バジルソースの写真

|ザ・リッツ・カールトン東京(ザ・ロビーラウンジ&バー)

ヘヴンリーティー・ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーのスイーツ

ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーのスイーツ

白ワイン|ザ・リッツ・カールトン東京の画像

飲み物|ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティー

紅茶|ザ・リッツ・カールトン東京

スコーン|ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティー

ザ・ロビーラウンジ&バーの写真

ザ・リッツ・カールトン東京の「ザ・ロビーラウンジ&バー」のアフタヌーンティーのグルメレポートです。

【スポンサーリンク】


ザ・リッツ・カールトン東京「ザ・ロビーラウンジ&バー」のアフタヌーンティー

先日、お友達と一緒に六本木ミッドタウンのザ・リッツ・カールトン東京の「ザ・ロビーラウンジ&バー」でアフタヌーンティーをいただきました☆

大阪のリッツ・カールトンのアフタヌーンティーは何度か行ったことがあるのですが、東京のリッツ・カールトンのアフタヌーンティーは今回が初めてです。

「ザ・ロビーラウンジ&バー」は、ザ・リッツ・カールトン東京の45階にあります。
ザ・リッツ・カールトン東京のザ・ロビーラウンジ&バーの画像
バイオリンとピアノの生演奏があり、すごく優雅な雰囲気です。

ザ・リッツ・カールトン東京のザ・ロビーラウンジ&バー
天井が高くて広々としています。窓も大きく、明るい空間です。

ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティー「ヘヴンリーティー」

ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーは「ヘヴンリーティー」と「ザ・リッツ・カールトン アフタヌーンティー」と「アーティストリー アフタヌーンティー」の三種類あり、今回注文したのはその中で一番ライトな「ヘヴンリーティー」。

アフタヌーンティーの飲み物は何種類でも飲み放題というパターンが多いのですが、リッツ・カールトンのアフタヌーンティーは飲み物は1種類のみです(お代わりはできます)。

まずは飲み物の茶葉のサンプルが運ばれてきて、実際に香りを確かめてから一番好みの茶葉を選びます。
飲み物|ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーの画像
茶葉の種類を途中で変更できないので、無難なダージリンにしておきました。

アフタヌーンティーの三段スタンド。
ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーの画像
苦手なものがメニューにあった場合には、当日に申し出たら別のものに差し替えていただけます。

一番上のプレート
季節野菜のスティック パセリディップ|グレープフルーツジュレ フレッシュストロベリー バジルソース|ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーの画像

真ん中のプレート
ヘヴンリーティー|ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティー(ザ・ロビーラウンジ&バー)

一番下のプレート
ヘヴンリーティー・ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーのスイーツの画像

白ワイン
白ワイン|ザ・リッツ・カールトン東京(ザ・ロビーラウンジ&バー) の写真

紅茶(ダージリン)
紅茶|ザ・リッツ・カールトン東京の画像
カップはウェッジウッドのインディアです。
三段スタンドに乗っているお皿もおそろいです。

まずは三段スタンドの一番上の段からいただきました。
季節野菜のスティック パセリディップ|グレープフルーツジュレ フレッシュストロベリー バジルソースの画像
向かって左が「グレープフルーツジュレ フレッシュストロベリー バジルソース」、右が「季節野菜のスティック パセリディップ」。

マイクロトマトがすごく可愛いです。
食べたらちゃんとトマトの味がしました。

次は真ん中の段。
ヘヴンリーティー|ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティー(ザ・ロビーラウンジ&バー)の写真
向かって右が「フィンガーサンドウィッチ ハム&チーズ」、手前が「彩り野菜とコリアンダーの生春巻き」、その奥が「フォアグラムース ピーチとミントの香り」、その左が「トマトのマリネ バジル風味」、一番左が「スモークサーモンのコンフィ エストラゴン ディル」。

ビー玉のようなフォアグラムースが可愛いです。
どのお料理も全部、綺麗に丁寧に作られています。

スコーンが運ばれてきました。
スコーン|ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティー「ヘヴンリーティー」の画像
小ぶりのスコーンです。

スコーンに塗るためのクロッテッドクリームとハチミツとジャム。
クロッテッドクリームと・ハチミツとジャム|ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーの写真
ジャムは何種類かの中から選べます。
私はさくらんぼが大好きなのでチェリーのジャムにしました。

あたたかいうちにスコーンをいただきます☆
スコーン|ザ・リッツ・カールトン東京の画像
向かって左がプレーンのスコーン、右がレーズンスコーンです。

最後は、一番下の段のスイーツ。
ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーのスイーツの写真
手前が「フロマージュクリュ マンゴーパッションコンポート カフェライムリーフ」、その奥の向かって左が「ラズベリータルト レモンバーベナクリーム」、その右が「ピスタチオフィナンシェ ローズマリーヌガー」、隠れちゃっていますがその奥が「ミントチョコレートシャンティ グアナラガナッシュ ブラウニー」。

どれも可愛くて、食べるのがもったいない感じです(>_<)デモ タベチャウ

【スポンサーリンク】

ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーの感想

ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーはとにかく見た目が華やかで綺麗で、見ているだけでワクワクしちゃいます。

品数も多いのですが、1つ1つの大きさが小ぶりなので、無理をしなくても食べられるちょうどいい感じの量です。
お味は1つ1つしっかり作ってあってすごく美味しいです。

唯一の欠点は、飲み物を1種類だけしか頼めないというところですが、飲み物を何種類でも無制限で頼めると、いろんな種類を飲まなきゃ損とか思って無理にいっぱい飲み過ぎちゃったりするので、そういう意味では1種類しか飲めないほうがいいという気もしないでもありません。

フードの美しさや豪華さは、都内の一流ホテルのアフタヌーンティーの中でもトップクラスだと思います。

店内の雰囲気もすごくよくて、吹き抜けで天井が高くて大きな窓があって明るいし、生演奏もあるし、ソファーのすわり心地もいいし、都内の一流ホテルのロビーラウンジの中でも上位に入るような素敵な空間です。
あまりにも居心地がいいので、もうずーっと丸一日ここにいたいと思っちゃいました。

サービスは、好き嫌いに応じてお料理の差し替えも自由にできるし、かなり至り尽くせりな感じです。
ただ、接客がちょっとそっけないというか、スマート過ぎるような印象がありました。
大阪や海外のリッツの接客はもう少しフレンドリーで笑顔があったような気がするのですが…まあ、その辺のところは土地柄の違いというようなものもあるのかもしれません。

今回いただいた「ヘヴンリーティー」のお値段は、5,216円(サービス料&税込み)。
ワインが1,738円(サービス料&税込み)。
合計6,954円ですが、予約サイトの「一休」のドリンク付きの割り引きプランで予約をしたので5,000円丁度でした。
この一休のプランはかなりお得です。

リッツカールトン東京のアフタヌーンティーの割引きプラン(一休)

ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーの種類

今回いただいたのは「ヘヴンリーティー」というアフタヌーンティーですが、それよりももっとお料理が豪華でスイーツの品数も多い「ザ・リッツ・カールトン アフタヌーンティー」というメニューはあります。
それのお値段は、サービス料&税込みで8,694円(一休では7,400円)。

ヘヴンリーティーでも充分に圧倒されるぐらいの豪華さだったのに、それよりも更に豪華だなんて、想像しただけでもドキドキしちゃいます(*▽*)

それ以外に、上記の「ザ・リッツ・カールトン アフタヌーンティー」に紅茶をブレントできるというサービスがついた「アーティストリー アフタヌーンティー」というメニューが土日限定であって、それはサービス料&税込みで1万円近いお値段のようです(@_@)

紅茶をブレントできるというサービスは、私はあえていらないかも…。
途中で茶葉の交換はできないので、もしブレンドした紅茶が予想していたような味じゃなくてあまり好みに合わないような味だったとしても、ずっとそれを何杯も飲み続けなきゃいけない…ということを考えると、普段から飲み慣れている茶葉をシンプルに選んだほうが無難なような気がします。

もしリッツのアフタヌーンティーが飲み物は何種類でもたのめるというような仕様に変わったら、この「アーティストリー アフタヌーンティー」を注文して、試しに色々とブレンドしてみるというのも楽しそうです。
でも飲み物は1種類だけという制限がある現状では、ブレンドするのにはちょっと勇気がいりそうです(・Θ・;)

ザ・リッツ・カールトン東京のアフタヌーンティーには珍しくお子様用の「キッズ アフタヌーンティー」というのもあります。

キッズ アフタヌーンティーには、エビフライ、トマトパスタ、ミニチーズバーガー、マカロン、アイスクリームサンデーなど、お子様が好きそうなものが三段スタンドに並びます。
思わず、私も食べたい!!と思っちゃうようなメニューですが、残念ながらキッズ アフタヌーンティーを注文できるのは12歳までのようです。
リッツで親子でアフタヌーンティーというのもステキですね。

もちろん、デートや女子会にもよさそうです。
たまには1人でのんびり本でも読みながらアフタヌーンティーをするのもいいかも。

アフタヌーンティーのお料理の内容は私が行ったときはまだ夏バージョンだったのですが、そろそろ秋バージョンになっていそうなので、また機会があれば行ってみたいです ((((o゜▽゜)o)))

リッツカールトン東京のアフタヌーンティーの割引きプラン(一休)

【スポンサーリンク】



アフタヌーンティーに関する記事