プルンバーゴ(ルリマツリ)の花言葉・名前の由来・誕生花

プルンバーゴの花の写真

プルンバーゴルリマツリ)の花言葉名前の由来別名誕生花効能の紹介です。

プランバーゴ(ルリマツリ)

ワンコの散歩で出会ったお花☆プルンバーゴルリマツリ

青いプルンバーゴの花の写真

青いプルンバーゴルリマツリ)の花が咲いていました★

プルンバーゴの画像

【スポンサーリンク】

プルンバーゴの基本情報

【原産地】南アフリカ

【科名】イソマツ科

【学名】Plumbago capensis

【開花期】5~11月

【花色】ブルー・白

【草丈】30~1.5m

プルンバーゴの名前の由来

プルンバーゴ(Plumbago)という名前は、ラテン語の「plumbum(鉛)」が語源で、この植物が鉛の解毒作用を持つことに由来します。

プルンバーゴの別名

プルンバーゴの別名は、ルリマツリ瑠璃茉莉)・アオマツリ青茉莉)・プランバーゴプルンバゴアウリクラタオーリクラタです。

英名は「Cape plumbago(ケープ プルンバーゴ)」です。 

ルリマツリ(瑠璃茉莉)という名前は、花がマツリカ(茉莉花・ジャスミン)に似ていて、瑠璃色の花が多いことに由来しています。

プルンバーゴの効能

プルンバーゴは鉛の解毒作用を持つといわれていますが、それ以外にも多くの効能があり、アフリカでは民間薬として、頭痛、イボ、骨折、腺病、浮腫、マラリア、傷の治療、吐剤に利用されています。

また、プルンバーゴに含まれるプルンバギン(plumbagin)は、昆虫の神経内分泌系と脱皮の過程を阻害することから、殺虫効果も期待できるそうです。

プルンバーゴ(ルリマツリ)の花言葉

「ひそかな情熱」
「同情」
「いつも明るい」
「心より同情します」

誕生花

プルンバーゴ(ルリマツリ)は、9月2日、10月23日の誕生花です。

【スポンサーリンク】

以前に撮ったプルンバーゴの花の写真


昨年に撮った青いプランバーゴ(ルリマツリ)の花の写真です。

青いルリマツリ(瑠璃茉莉)の写真

青いルリマツリの写真

青いルリマツリの花の写真

写真の詳細

この記事のプルンバーゴの花の写真は下記のカメラとレンズを使用して撮影しました。

【カメラ】Canon EOS 80DCanon EOS Kiss X5
【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USMCanon EF35mm F2 IS USM

【スポンサーリンク】