シュウメイギク(秋明菊)の花言葉・誕生花・別名・毒性

白い秋明菊の花の画像

シュウメイギク 白の画像

シュウメイギク秋明菊)の花言葉誕生花別名毒性効能の紹介です。

シュウメイギク(秋明菊)

ワンコの散歩で出会ったお花☆シュウメイギク秋明菊

白いシュウメイギクの花の写真

白いシュウメイギクの花が咲いていました★

秋明菊の花・白の画像

秋明菊・シュウメイギクの画像

白色のシュウメイギクの花の写真

シュウメイギクは、秋にキクに似た明るい色の花を咲かせるので秋明菊という名前がついていますが、キク科ではなくキンポウゲ科の植物で、アネモネの仲間です。

英語ではジャパニーズ・アネモネ(Japanese anemone)と呼ばれています。

【スポンサーリンク】

シュウメイギク(秋明菊)の基礎情報

科属名:キンポウゲ科 イチリンソウ属(アネモネ属)

学名:Anemone hupehensis var. japonica

原産地:中国

開花時期:8月-11月

草丈:50cm~1m

花色:ピンク・白・紫

シュウメイギク(秋明菊)の別名

  • キブネギク・キセンギク(貴船菊)
  • ボタンキブネギク(牡丹貴船菊)
  • アキボタン(秋牡丹)
  • トウギク(唐菊)
  • コウライギク(高麗菊)
  • エチゼンギク(越前菊)
  • カガギク(加賀菊)
  • ムラサキコロモギク(紫衣菊)
  • シメギク(しめ菊)
  • シュウシャクヤク「秋芍薬」

キブネギク・キセンギク(貴船菊)やボタンキブネギク(牡丹貴船菊)という名前は、京都の貴船神社の周りにたくさん野生化したことに由来します。

シュウメイギクの毒性と効能

シュウメイギクは全草にプロトアネモニンという有毒成分を含んでいます。
特に汁液の毒性が高いそうです。

中毒症状は、おう吐、下痢、肝臓障害、皮膚炎などです。

中国ではシュウメイギクの根を解毒や解熱の薬に用いています。

【スポンサーリンク】

シュウメイギクの花言葉

「薄れゆく愛」
「忍耐」
「淡い思い」
「利益」
「多感なとき」
「耐え忍ぶ恋」
「あせていく愛」

誕生花

シュウメイギクは、9月14日、9月30日、10月3日、10月7日、10月8日、10月12日、10月15日の誕生花です。

以前に撮ったシュウメイギクの花の写真


昨年に撮ったシュウメイギクの花の写真です。

シュウメイギク(白)の写真

シュウメイギク(秋明菊・白)の画像

シュウメイギクの花(白)の画像

写真の詳細

この記事のシュウメイギクの花の写真は下記のカメラとレンズを使用して撮影しました。

【カメラ】Canon EOS 80DCanon EOS Kiss X5
【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USMCanon EF35mm F2 IS USM

【スポンサーリンク】