ツバキ(千重咲き椿・乙女椿)|花の写真・花言葉

千重咲き椿・乙女椿(濃いピンク)の画像

ツバキ(千重咲き椿・乙女椿)の花の写真・花言葉・名前の由来・誕生花の紹介です。

ツバキ(千重咲き椿・乙女椿)


ワンコの散歩で出会ったお花★ツバキ(千重咲き椿・乙女椿)

千重咲き椿(乙女椿)の花の写真

バラのようなゴージャスな千重咲きのツバキ(乙女椿)が咲いていました。
千重咲き椿・乙女椿(濃いピンク)の花の写真
かなり色あせてきている感じなので、ツバキもそろそろ見納めですね。

千重咲き椿(花びらが多くて雄しべが見えない椿)は、乙女椿(オトメツバキ)と呼ばれています。

ツバキ(千重咲き・オトメツバキ)の写真

ツバキの漢字表記は「椿」ですが、この椿の字は日本でつくった国字で、春に花が咲くことをあらわしているそうです。

ツバキ(千重咲き・オトメツバキ)の花の画像
【使用カメラ】Canon EOS 80D【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

【スポンサーリンク】

ツバキ(椿)の名前の由来

ツバキ(椿)というの名前の由来は、「強葉木(つばき)」が語源で葉が丈夫なことに由来するという説や、「艶葉木(つやはき)」が語源でつやのある葉にちなんでいるという説や、「厚葉木(あつばぎ)」が語源で葉が厚いことに由来するという説があります。

乙女椿(オトメツバキ)という名前の由来は、実ができないから乙女という名前がついたという説や、可憐な花姿が乙女を連蔵させるからという説や、江戸時代にある藩から他藩へ門外不出となったから「お止め椿」という名前になり、それが「乙女椿」に変わったという説があります。

カメリア(Camellia)の由来

ツバキの西洋ではカメリア(Camellia)と呼ばれています。

カメリアという花名は、植物学者として椿を初めてヨーロッパに紹介したゲオルク・ヨーゼフ・カメルの名前に由来します。

【スポンサーリンク】

ツバキ(椿)の花言葉

ツバキ全般の花言葉

「謙遜」
「完全な愛」
「完璧な魅力」
「女性らしさ」
「控えめなやさしさ」
「誇り」
「敬愛」
「感嘆」
「完全」
「完璧」
「美徳」
「おしゃれ」
「理想の愛」
「理想の恋」
「私は常にあなたを愛します」

赤いツバキの花言葉

「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」「謙虚な美徳」

白いツバキの花言葉

「完全なる美しさ」「申し分のない魅力」「至上の愛らしさ」

ピンクのツバキの花言葉

「控えめな美」「控えめな愛」「慎み深い」

誕生花(ツバキ)

ツバキは、1月1日(白)、1月2日(赤)、1月25日(白)、2月3日、11月11日(白)、12月10日、12月21日(白)の誕生花です。


以前に撮った乙女椿の花の写真


2年前に撮った乙女椿の花の写真
千重咲きのツバキの写真

ツバキ 千重咲きの画像

椿 千重咲きの写真
【使用カメラ】EOS Kiss X5【レンズ】EF35mm F2 IS USM

ダイアリー

発芽玄米を炊くときに使っていた圧力釜の蓋が壊れちゃいました。圧力釜は発芽玄米を炊くときにしか使っていなかったので、この際だから圧力釜を断舎離しちゃって普通のお鍋で炊いてみようと思って水加減や炊く時間をいろいろと調整して何度か炊いてみたのですが、圧力釜のときのようにふっくらもっちりとした感じに炊けません。玄米を美味しく炊くのって、けっこう難しいな…(@_@)

【スポンサーリンク】