アピシウスのランチ|日比谷のフレンチ

モーリス・ユトリロの絵画(アピシウス)

マルク・シャガールの絵画(アピシウス)

アンドレ・コタボの絵画(アピシウス)

オリーブ・アンチョビ入り(アピシウス)の写真

セプタンブルコースのアミューズ(アピシウス)

シャンパン(アピシウス)

シャンパーニュ|シモン・セロス / ブラン・ド・ブラン ブリュット グラン・クリュの写真

甲殻類、芋セロリ、林檎のヴルーテ

白ワイン|イーランズ・エステート シングル・ヴィンヤード リースリングの写真

温かい鱧と茸のテリーヌの画像

ワゴンデザート(アピシウス)の写真

IMG_0644i

紅茶(アピシウス)

先週に行ったアピシウス(日比谷のフレンチ)のランチのグルメレポートです☆

【スポンサーリンク】


アピシウス(フレンチ)

先日、お仕事関係のNさんと3日後に日比谷あたりでランチをしながら仕事の打ち合わせをしようということになり、お店を予約しようとしたら、行きたかったお店は全部満席(@_@)

思い当たるお店は他になかったので、予約サイトの一休で3日後のランチ時に空席のある日比谷のお店を調べてみたら、アピシウスというフレンチレストランが予約可能でした。
アピウスはかなり有名なフランス料理店です。

一休は普通なら色んなお得な予約プランがあったりするのですが、アピシウスは「お席のみの予約」というプランしかなくて、どんなお料理があるのかはまったく不明。
そこでレビューを見てみたら、なんと!!!デザートがワゴンサービスで食べ放題、と書いてあるではありませんか♪(°▽、°)

これはもう絶対に行くしかない!!というわけで、デザート食べ放題につられてアピウスを予約しちゃいました(仕事の打ち合わせだということはもうすっかり忘れています…)。

で、当日行ってみると、すごく落ち着きのある感じのお店で、予想以上にいい雰囲気でした。

店内には名画がたくさん飾ってあります。
モーリス・ユトリロの絵(アピシウス)の画像
モーリス・ユトリロの絵画。

アンドレ・コタボの絵(アピシウス)の写真
アンドレ・コタボの絵画。

マルク・シャガールの絵(アピシウス)の写真
マルク・シャガールの絵画。

それ以外にも、ポール・ギアマン、アンドリュー・ワイエスの絵画やロダンの彫刻もあります。
これらの作品はアピシウスの創業者のコレクションで、すべて本物なんだそうです。
ちょっとした美術館のような豪華さです。

ダイニングルームはそれほど広くないのですが、ダイニングルーム以外にウエイティングラウンジやバーコーナーや個室などがあるので、お店全体は結構広い感じです。
アピシウスの写真

3日前でも予約が取れたのであまり流行っていないのかな…と思っていたのですが、しっかり満席でした。

メニューはランチのコースが3種類ほどあって、それ以外にアラカルトも沢山あって、どれも美味しそうです。

でも、お料理でお腹が一杯になって肝心のデザートが食べられなくなったら元も子もないので、一番軽いコースにしておきました。
だって今日はここにデザートを食べに来たのですから(* ̄▽ ̄*)アレ? シゴトノ ウチアワセハ?

アピシウスのランチ

まず最初にオリーブが山盛り出てきました。
オリーブ(アピシウス)
アンチョビの塩気が効いていてすごく美味しかったです。
オリーブはそれほど好きではないのですが、このオリーブはいくらでも食べられそうです。

アミューズブーシュ
セプタンブルコースのアミューズ(アピシウス)の画像
これを見たらワインが飲みたくなっちゃいました。

丁度そこでタイミングよく、お飲み物はいかがですか?と店員さんが聴きにきてくださったので、シャンパンをグラスでいただいちゃいました。
シモン・セロス / ブラン・ド・ブラン ブリュット グラン・クリュの画像
「シモン・セロス ブラン・ド・ブラン ブリュット グラン・クリュ」というシャンパンです。
すっきりとしたお味です。
シャンパン(アピシウス)の写真
シャンパングラスの形も持ち手がすごく細くて長くてオシャレです。
お店のロゴが入っているのでもしかしたらオリジナルかな?

シャンパンと一緒にガス入りのお水も注文しました。

前菜「甲殻類、芋セロリ、林檎のヴルーテ」
甲殻類、芋セロリ、林檎のヴルーテ(アピシウス)の写真

前菜は2種類から選べて、もう1つのほうは「フォアグラのラヴィオリ包み 栗ソース」でした。
「栗ソース」というところにかなり惹かれたのですが、やっぱり甲殻類の魅力には勝てませんでした。

甲殻類、芋セロリ、林檎のヴルーテの写真
甲殻類のダシが効いています。
上に浮いているオレンジ色のものは海老の殻から出た色素のようです(ラー油ではありません)。

天然酵母のパン
天然酵母のパン(アピシウス)の写真
パンは三種類あって好きなものを選べます。
お代わりも自由のようですが、デザートをいっぱい食べたかったのでパンは1個にしておきました。

シャンパンがなくなったので、白ワインをグラスいただきました。
ファミーユ・ヒューゲル ゲヴェルツトラミナー ジュビリーの画像
「ファミーユ・ヒューゲル ゲヴェルツトラミナー ジュビリー 2009」という白ワインです。

これが美味しすぎてびっくり☆
いいワインに出会えちゃいました(“▽”)

主菜「温かい鱧と茸のテリーヌ」
温かい鱧と茸のテリーヌ(アピシウス)の写真

メインはお肉料理か魚料理かを選べます。
肉料理はちょっと苦手な羊のお肉だったので、魚料理にしました。

鱧と茸なのであっさりとしていて、焼き目も香ばしくて、ソースも美味しかったです。

以上でお料理は終了。
そして、ようやく、待ちに待ったデザートタイムですヾ(*^▽^*)〃
デザートはワゴンで運ばれてきて、好きなものを好きなだけ選べます。

ワゴンにはケーキが6種類と、それ以外にアイスクリームやシャーベットが5種類ありました。

ワゴンのケーキはもちろん全種類いただいて、アイスは欲張りすぎてお腹が痛くなっちゃうといけないので3種類にしておきました。
ケーキのカットの大きさは、普通にフルサイズにしていただきました☆

まずはケーキ☆
デザート(アピシウスのランチ)の写真

ロールケーキ
ロールケーキ(アピシウスのワゴンデザート)の写真

プリン
プリン(アピシウスのワゴンデザート)

洋梨のタルト
洋梨のタルト(アピシウスのワゴンデザート)の画像

イチジクのタルト
イチジクのタルト(アピシウスのワゴンデザート)の画像

ガトーショコラ
ガトーショコラ(アピシウスのワゴンデザート)の写真

タルトタタン。これは温めてから運ばれてきました。
タルトタタン(アピシウスのワゴンデザート)の写真

アイスクリームと、マンゴーシャーベットと、カシスシャーベット
デザートのアイスクリームとシャーベット(アピシウス)の写真

紅茶
紅茶(アピシウス)の写真

ガトーショコラはちょっと甘くてヘヴィーでしたが、それ以外は甘味控えめでとても美味しかったです。
量は、ケーキをもう一度全種類追加してもぜんぜん余裕でしたが、一番美味しくいただけるところでストップしておきました。

私に釣られて同じように全種類のケーキをフルサイズで頼んだNさんは、かなり苦戦していらっしゃるような感じでした( ̄ω ̄;)

甘いものが特に好きではない方は、フルサイズで全種類はやめておいたほうがいいかもしれません。

【スポンサーリンク】

アピシウスのランチの感想

お店の雰囲気やサービスはとてもいい感じです。
お店があるのが地下なので、ランチ時でも日の光が入らないというがちょっと残念ですが、絵画を日光の紫外線に弱いので、絵画を傷めないためにわざわざお店を地下にしたのかもしれません。

お料理は派手さはないのですがしっくりくる美味しさで、きっと何を食べても間違えなく美味しいんだろうな、というような安心感があります。

ワインもすごく美味しかったです。

今回のランチコースのお値段は、5,400円(サービス料別)。
ワインのお値段は、シャンパン、白ワインともに、1杯2千円台ぐらいなので、ランチと飲み物とサービス料を入れたら12,000円ぐらい。

ワインを飲まなければ、サービス料とお水代を入れて6千円台ぐらいです。

ランチのコースは、今回のコース以外に8,640円と12,900円のコースがあります。

夜はデザートワゴンのケーキの種類がランチの時よりも増えるそうなので、夜もちょっと気になります。
アラカルトのメニューも美味しそうなのがいっぱいありました。
今度機会があったら、夜にも行ってみたいです。

アピシウスのお店情報

【所在地】東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館地下1F
【アクセス】日比谷駅 徒歩1分・JR有楽町駅 徒歩2分
【予約】予約サイト一休
【定休日】日曜日

【スポンサーリンク】