アサガオ(朝顔)の花言葉・名前の由来・伝説

アサガオの花・ブルーの写真

青色のアサガオの花の画像

アサガオ・青の画像

雨上がりのアサガオの花の写真

アサガオ花の写真花言葉名前の由来伝説の紹介です。

アサガオ(朝顔)

ワンコの散歩で出会ったお花☆アサガオ朝顔

雨上がりのアサガオの花の写真

アサガオの花が咲いていました★
アサガオ・ブルーの画像

青色のアサガオの写真

散歩に出た時は少し雨が降っていたけど、途中でやんで晴れてきました☆

アサガオの花・青の画像

雨上がりのアサガオの画像

アサガオはつるを絡ませる性質があることから「固い絆」という花言葉がついています。

【スポンサーリンク】

アサガオの基本情報

科名:ヒルガオ科

原産地:熱帯アジア、ヒマラヤ山麓

開花時期:7月~9月

花色:白・紫・ピンク・青・紺・グレー・茶色など 

アサガオ(朝顔)の名前の由来

アサガオ(朝顔)という名前は、朝の容花(かおばな)という意味です。
容花(かおばな)とは、美しい容姿を持つ花のことです。

アサガオは昔は「牽牛子(けんごし)」や「牽牛花(ケンギュウカ)」と呼ばれており、その時代には桔梗(ききょう)や木槿(むくげ)がアサガオと呼ばれていたそうです。

万葉集に朝顔と詠まれていたのは、現在のアサガオのことではなく桔梗(ききょう)のことだといわれています。

牽牛花の名前の由来

アサガオの別名の牽牛花ケンギュウカ)という名前は、種子に薬効があり中国では牛と交換されるほど高価であったことに由来します。

朝顔と七夕の伝説

七夕伝説の彦星の中国名は「牽牛」で、アサガオは「牽牛花」と呼ばれていたことから、七夕伝説の織姫にちなんで「朝顔姫」とも呼ばれていたそうです。

また、アサガオはちょうど七夕の時期に咲くことから、朝顔の花が咲くと今年も彦星と織姫が出会えたしるしであるとして縁起がいいものとされていました。

【スポンサーリンク】

アサガオの花言葉

「愛情」
「愛情の絆」
「固い絆」
「はかない恋」
「短い愛」
「平静」
「愛着」
「結束」
「固い約束」
「明日もさわやかに」
「貴方に私は絡みつく」

  • 紫色のアサガオ
    「冷静」「平静」
  • 青色のアサガオ 
    「はかない恋」「かたい約束」「固い結束」
  • 白色のアサガオ
    「かたい絆」「喜びにあふれ」
  • 西洋朝顔
    「愛着」

誕生花

アサガオは、4月14日(白)・7月6日・8月1日・8月6日の誕生花です。

アサガオの写真の詳細

この記事のアサガオの花の写真は下記のカメラとレンズを使用して撮影しました。
【カメラ】Canon EOS 80D
【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

【スポンサーリンク】