ベゴニア センパフローレンス(四季咲きベゴニア)の花言葉・名前の由来・誕生花

ベゴニア センパフローレンス・赤

ベゴニア センパフローレンスの花の写真・赤

ベゴニア センパフローレンス・赤の画像

ベゴニア センパフローレンス四季咲きベゴニア)の花の写真花言葉名前の由来誕生花の紹介です。

ベゴニア センパフローレンス(四季咲きベゴニア)

ワンコの散歩で出会ったお花★ベゴニア センパフローレンス四季咲きベゴニア

ベゴニア・センパフローレンスの花の写真

ベゴニア・センパフローレンスの花が咲いていました。

ベゴニア センパフローレンスの花・赤

ベゴニア・センパフローレンスはブラジル原産の野生種を品種改良して小型化された園芸品種です。

四季咲きベゴニア・赤の写真

ベゴニア・センパフローレンスは葉が左右非対称なので「不格好」「奇形」という花言葉がついています。

四季咲きベゴニアの花の写真・赤
【使用カメラ】Canon EOS 80D【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

【スポンサーリンク】

ベゴニア センパフローレンスの基本情報

分類:シュウカイドウ科 シュウカイドウ属

原産地:熱帯、亜熱帯地域(オーストラリア以外)

草丈:15cm~60cm

開花時期:3~11月頃。

花の色:白・赤・ピンク

ベゴニア センパフローレンスの名前の由来

ベゴニア(Begonia)という名前は、フランス人の ミシェル・ベゴン(Michel Begon)の名前に由来しています。
ミシェル・ベゴンは、ベゴニアを発見した植物学者のプリュミエを植物採集者として当時のフランス国王(ルイ14世)に推薦した人物だったそうです。

センパフローレンス(Semperflorens)は 「絶えず花が咲く」という意味で、ベゴニアが多年草で開花時期が長いところに由来しています。

ベゴニア センパフローレンスの別名

ベゴニア・センパ
四季咲きベゴニア

四季咲きベゴニアという名前は、その名の通り四季を通して開花することにちなみます。

ベゴニア センパフローレンスの花言葉

「片思い」
「丁寧」
「幸福な日々」
「愛の告白」
「慈しみ」
「美しい瞳」

(赤色)「公平」
(白色)「親切」

(センバフローレンス)「不格好」「奇形」

誕生花

ベゴニア・センパフローレンスは2月3日・10月6日の誕生花です。

【スポンサーリンク】

以前に撮ったピンクのベゴニア センパフローレンスの花の写真


■昨年に撮った白のベゴニアセンパフローレンスの花の写真。
ベゴニア センパフローレンスの花の写真

ベゴニア センパフローレンス・白の画像

ベゴニア センパフローレンスの白い花の画像

ベゴニア センパフローレンスの画像
【使用カメラ】Canon EOS 80D【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

■一昨年に撮ったピンクのベゴニアセンパフローレンスの花の写真。
ベゴニア(ピンク色)の画像

ベゴニア(ピンク)の画像
【使用カメラ】EOS Kiss X5【レンズ】EF35mm F2 IS USM

【スポンサーリンク】