ハイビスカスの花言葉・名前の由来|オレンジ色のハイビスカスの花の写真

橙色のハイビスカスの写真

ハイビスカス オレンジ色の画像

ハイビスカス花の写真花言葉誕生花国花・ハイビスカスの効能の紹介です。

ハイビスカス

ワンコの散歩で出会ったお花☆ハイビスカス

オレンジ色のハイビスカスの花の写真

オレンジ色のハイビスカスの花が咲いていました。

オレンジ色のハイビスカスの花の写真

橙色のハイビスカスの花の画像

ハイビスカスの花の写真 オレンジ色

ハイビスカスの花 橙色の写真

ハイビスカス 橙色の画像

ハイビスカスは夏の花というイメージがありますが、一番見頃なのは9月〜10月なんだそうです。

【スポンサーリンク】

ハイビスカスの基本情報

科属名: アオイ科 フヨウ属

原産地:ハワイ諸島、マスカレン諸島

別名:ブッソウゲ(仏桑花、仏桑華)

開花時期:6月〜10月

樹高:20cm-3m

花色:赤・ピンク・白・黄色・オレンジ色

ハイビスカスの名前の由来

ハイビスカスという名前は、エジプトの美を司る女神の「ヒビス(hibis)」とギリシア語で「似ている」という意味の「イスコ(isko)」が合成してハイビシスコ(hibisisko)という名前になり、そこから転訛してハイビスカスになったそうです。

【スポンサーリンク】

ハイビスカスの花言葉

「繊細な美」「新しい恋」「勇ましさ」「華やか」

誕生花

ハイビスカスは、7月11日・8月10日・8月31日・9月22日(ピンク)・11月10日(赤)の誕生花です。

国花

ハイビスカスは、マレーシアよスーダンの国花です。

ハワイ州の州花で、レイ(花の首飾り)によく使われます。

ネパールでは聖なる花として大切にされています。

ハイビスカスの効能

ハイビスカスはハーブティーとしても利用される品種があります。

ハイビスカスティーはビタミンが豊富に含まれているので美肌効果や日焼けした時に飲むとシミ予防にも効果があるといわれています。

クエン酸やリンゴ酸などが多く含まれているので筋肉や眼精の疲労回復や身体の代謝アップや血糖値を下げる効果があり、ダイエットにもいいそうです。

カリウムも豊富なので利尿作用があり、むくみの解消に効果があります。

ハイビスカスティーを入浴剤としても使用すると肌に潤い与えてくれます。

ハイビスカスの写真の詳細

この記事のハイビスカスの花の写真は下記のカメラとレンズを使用して撮影しました。

【カメラ】Canon EOS 80D
【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

【スポンサーリンク】