ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブションでランチ

ラブレ・ロワ シャルドネ

6457966203744i

ビーツ リンゴと合わせ、苦味のあるサラダとグリーンマスタードのソルベと共に(ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション)の画像

 真鯛 しっとり焼き上げ、バジリック の香るトマトとグリーンタップナードのエッセンス(ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション)の写真

プラチナポーク(白金豚)ロース肉を低温調理にし、野菜と茸を添えての画像

フリュイルージュ クーリとレモンのソルベ、オレンジのジュレを合わせて|ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブションの写真

フレーズ 柑橘のクーリー フロマージュブランのムースと共に|ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション

ちょっと亀レポですが、先月、お友達と一緒に、恵比寿のラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブションランチに行きました。

【スポンサーリンク】


ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション(恵比寿)のランチ

平日のお昼ということもあって、お客のほとんは女性で、奥様方のランチ会というような感じのテーブルが多く、年齢層はそれほど高くないようです。
ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブションの店内(恵比寿)の画像

2階にある‎「ガストロノミー ジョエル・ロブション」のほうはもう少し年齢層が高いのかもしれませんが、1階の「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」は20代、30代ぐらいの方がほとんどで、かなりカジュアルな雰囲気でした。

まずは白ワイン
白ワイン(ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション)の写真

ラブレ・ロワ シャルドネ」というワインです。
ラブレ・ロワ シャルドネ(白ワイン)の画像

アミューズブーシェ
アミューズブーシェ(ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション)の画像
冷たいスープです。

前菜
ビーツ リンゴと合わせ、苦味のあるサラダとグリーンマスタードのソルベと共に(ジョエル・ロブション)の画像
前菜は4種類の中から選べました。
私が選んだのは「ビーツ リンゴと合わせ、苦味のあるサラダとグリーンマスタードのソルベと共に」。

アートな盛り付けです。

小さな角切りにしたビーツとリンゴのゼリー寄せのような感じです。
その上にグリーンマスタードのソルベがのっています。

上に飾るお花は季節ごとに変わるようです。

ビーツ リンゴと合わせ、苦味のあるサラダとグリーンマスタードのソルベと共に(ジョエル・ロブションの前菜)の画像

パン
天然酵母のパン|ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブショの画像
天然酵母のパン

このあとも写真は撮りませんでしたが、2種類のパンが次々に運ばれてきました。
この天然酵母のパンが一番歯ごたえがあって美味しかったです。

メイン料理 1皿目
 真鯛 しっとり焼き上げ、バジリック の香るトマトとグリーンタップナードのエッセンスの画像
真鯛 しっとり焼き上げ、バジリック の香るトマトとグリーンタップナードのエッセンス

真鯛がふかっとやわらかくて、塩加減もいい感じですごく美味しかったです。

メイン料理 2皿目
プラチナポーク(白金豚)ロース肉を低温調理にし、野菜と茸を添えて(ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション)の写真
2皿目のメイン料理は3種類から選べます。
私が選んだのは「プラチナポーク(白金豚)ロース肉を低温調理にし、野菜と茸を添えて」。

プラチナポーク以外に、野菜料理や仔羊料理が選べます。

低温調理したプラチナポークはすごくやわらかくて美味しかったです。
プラチナポーク(白金豚・はっきんとん)は岩手で飼育したブランド豚なんだそうです。

デザート
フレーズ 柑橘のクーリー フロマージュブランのムースと共に
デザートは3種類から選べます。
私が選んだのは「フレーズ 柑橘のクーリー フロマージュブランのムースと共に」。

幸せなお味でした(“▽”)

お友達が選んだデザート
フリュイルージュ クーリとレモンのソルベ、オレンジのジュレを合わせての画像
フリュイルージュ クーリとレモンのソルベ、オレンジのジュレを合わせて

金色のバネのような飾りは飴で出来ています。

このあと、ミニャルディーズ(小菓子)と紅茶が出てきましたが、お友達とのお話しに夢中でお写真を撮るのを忘れちゃいました (^^;)

店内は広くテーブル間の距離をしっかり取ってあるのと、周囲がほどよくガヤガヤしているので、お喋りも気兼ねなく出来て肩苦しさはまったくありませんでした。

それでいて、ちゃんとした美味しいフレンチがいただけるというのがいいですね。

【スポンサーリンク】

一休のプランを要チェック

このランチのメニューは、ワイン付きで、消費税とサービス料込みで6,500円という一休限定のお得なプランでした。(今はこのプランはないようです)

お店のオフィシャルのメニューも、ランチはそれほど高いわけではないのですが、ワインを別に頼んだり、消費税やサービス料が別についたりして、お支払いのときには意外と高くなっていたというような場合もあったりするので、最初から飲み物もついて、消費税とサービス料も込みのお値段がわかっているプランだと安心できますね。

というわけで、ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブションに行くときは、一休のプランを利用するのもいいかもしれません。

【スポンサーリンク】