マリーゴールドの効能・花言葉|マリーゴールドの花の写真

黄色のマリーゴールドの花

黄色のマリーゴールド

マリーゴールド花の写真効能花言葉名前の由来別名誕生花の紹介です。

マリーゴールド

ワンコの散歩で出会ったお花★マリーゴールド

黄色のマリーゴールドの写真

黄色のマリーゴールドがまだまだ元気に咲いていました★
マリーゴールドの花

マリーゴールドは夏のお花というイメージが強いのですが、結構寒さにも強いようで、冬でも頑張って咲いているのをよく見かけます。

でも、真夏のマリーゴールドに比べると、寒さでちょっと縮こまっているような感じがします。

マリーゴールド

黄色のマリーゴールドは「健康」という花言葉がぴったりな感じです。

【スポンサーリンク】

マリーゴールドの効能

マリーゴールドは古代エジプトで若返りの薬や万能薬としても利用されていたそうです。

マリーゴールドのハーブティーには、血液を促進させ、体内の毒素を排出する効果や、解毒、発汗作用があります。
抗炎症作用もあるので、胃炎や胃潰瘍などの症状や胃の炎症からくる口臭の緩和にも効果があるそうです。

マリーゴールドには目にいいといわれている「ルテイン」が多く含まれています。
ルテインは目の中の網膜や水晶体に多く存在している成分で、目に有害なブルーライトを吸収するフィルターの働きをしているので、PC作業による眼精疲労や視力低下を防ぐ効果があるといわれています。

マリーゴールドには抗酸化作用をもつカルテノイドも多く含んでいます。
カルテノイドは老化防止やガン予防に効果があるそうです。

マリーゴールドの名前の由来

マリーゴールドは聖母マリアの祭日にマリーゴールドがいつも咲いていたことから「聖母マリアの黄金の花(マリーゴールド)」という名前がつけられたそうです。

マリーゴールド別名

センジュギク(千寿菊)・クジャクソウ(孔雀草)・ホソバクジャクソウ(細葉孔雀草)

マリーゴールドの花言葉

マリーゴールド全般の花言葉

「勇者」
「悪を挫く」
「可憐な愛情」
「濃厚な愛情」
「生きる」
「友情」
「悲しみ」
「嫉妬心」
「別れの悲しみ」
「悲哀」
「絶望」

黄色いマリーゴールドの花言葉

「健康」

オレンジ色のマリーゴールドの花言葉

「予言」

誕生花

マリーゴールドは6月5日、7月18日、8月20日(濃黄)、9月2日(黄)の誕生花です。

【スポンサーリンク】

以前に撮ったマリーゴールドの花の写真


黄色のマリーゴールドの写真・色別の花言葉の画像

昨年の夏に撮ったマリーゴールドの花の写真です。

マリーゴールドはやっぱり夏の明るい日差しが似合いますね。

マリーゴールドの花の写真・マリーゴールドの色別の花言葉の画像

写真の詳細

この記事のマリーゴールドの花の写真は下記のカメラとレンズを使用して撮影しました。

【カメラ】EOS Kiss X5
【レンズ】EF40mm F2.8 STM

ダイアリー

先週は急に寒くなって雪まで降ったのでこのまま冬に突入しちゃうおかな…と思ったけど、またちょっと暖かくなりました。
まだもう少し秋の気候を楽しめそうです☆(*^^*)

【スポンサーリンク】