鴨料理専門店ナカモグロ(中目黒)

ナカモグロ

中目黒の鴨料理専門店

食べログをなんとなく見ていたら、中目黒の鴨料理専門のナカモグロというお店が目にとまりました。

鴨料理というそれほどポピュラーではない分野一本で勝負しているということは鴨料理によほど自信とこだわりがあるに違いないと思ったので、早速行ってみました☆

ナカモグロ 鴨すき焼きの写真

鴨ラーメンの写真

【スポンサーリンク】

お店の雰囲気もバッチリ

お店の入口はこんな感じ。
ナカモグロ ドアの写真

こんなところにお店があるとは誰も気が付かないような奥まった場所に、ひっそりと青いドアがあるだけ。

どこかのお店の従業員専用の裏口かな、と思っちゃうような地味なドアで、ドアの上に『Na Camo Guro』という店名がアルファベットで書かれているだけなので、お店の前を通りかかった人が飲食店だと気づいて入るというようなことは絶対になさそうです。

ドアを開けると、いきなり細い階段で、その階段をのぼってドアを開くと、おおおお、こんなところにこんな素敵なお店があったんだ〜!!とびっくりしちゃうようなお洒落な空間がありました。

お料理だけを期待して行ったので、お店の雰囲気がそんなに素敵だとは予想していませんでした。
ワインも似合うけど日本酒も似合うバーのような感じで、和と洋の中間のようなとても落ち着く店内です。

初めての方は鴨すきコースがオススメ、ということだったので、鴨すきコースをいただくことにしました。

【スポンサーリンク】



鴨すきコースのおしながき
ナカモグロ 鴨すきコースのおしながきの画像



まずは前菜盛り合わせ。
ナカモグロ 前妻盛り合わせの写真
鴨ポタージュと、鴨の生ハムと、鴨のパテのモナカ。

鴨ポタージュは鴨出汁が効いていて超美味でした。

鴨の生ハムは下はメロンではなくぶどうが隠れていて、一緒に食べるとさっぱりとしていてすごく美味しかったです。
ワインが進むお味です(*´~`*)

鴨のパテのモナカは、ぱりっとしたモナカの皮とねっとりとした鴨のパテの組み合わせが絶妙☆



野菜とトマト味噌
野菜とトマト味噌 ナカモグロの写真
煮詰めた濃厚なトマトと味噌をブレンドしたディップに野菜をつけて食べます。
これも店内の雰囲気と同様に和と洋の中間のような感じです。



鴨串焼きの胸串
鴨串焼きの画像
ふんわりとやわらかくてすごく美味しかったです。
10本ぐらい食べたかった〜(“▽”)



鴨串焼きのもも玉串
鴨串焼き もも肉の画像
炭火の香りがすごくいい感じ。



鴨串焼きの塩つくね
鴨串焼き つくねの画像
これも薬味が効いていてすごく美味しかったです。



鴨すき焼き
鴨すき焼きの写真
鴨の脂で、鴨肉やつくねや野菜を焼いて食べます。
美味しかったので、もう夢中で食べちゃいました(*▽*)



鴨すき焼きの割り下
割り下の写真



ご飯
ご飯の写真
すき焼きを食べ終えたとき、卵が入った割り下が余っちゃうので、これで卵かけご飯をつくるための少量のご飯が出てきます。



粉山椒
山椒の画像
卵かけご飯にかけるための粉山椒です。



卵かけご飯
たまごかけご飯の写真
卵には鴨や野菜の旨味がたっぷりついているので、超贅沢な卵かけごはんになっちゃいました。
粉山椒の味もいいアクセントになっています。



酒の肴
ナカモグロ 酒の肴の写真
これまた豪華です。
ここで日本酒をいっぱい飲んでもらっちゃおうという作戦のようです。

クリームチーズ入のポテトサラダがすごくいい感じでした。



鴨ラーメン
鴨ラーメン ナカモグロの写真
鴨のにゅうめんか鴨ラーメンが選べます。
鴨のにゅうめんも気になりましたが、今回は鴨ラーメンにしちゃいました。

スープも麺も鴨チャーシューも全部美味しかったです。

もうかなりお腹がいっぱいだったのですが、スープがすごく美味しかったので頑張って全部飲みました(。^~^。)



コーヒーゼリー
コーヒーゼリーの写真
すごく上質なコーヒーゼリーでした。
上に黒豆がのっていて、これもやはり和洋折衷のこだわりが感じられます。



蕎麦ほうじ茶
蕎麦ほうじ茶の画像
蕎麦茶はあまり好きではないのですが、これは蕎麦のほんのりとした甘みと香りがついたほうじ茶という感じで、クセがなくて美味しくいただけました。

お料理に使っている鴨は、山形県の自社鴨農場から直送される最上鴨なんだそうです。

コースのメニューは季節ごとに変わるそうなので、メニューが変わるたびに訪れたいな〜と思うようなお店でした☆

【スポンサーリンク】