お散歩フォト・ナンテン(南天)|難を転ずる縁起木

南天(ナンテン)の赤い実

ナンテン

ナンテン(南天)の実の写真・花言葉・名前の由来・別名・誕生花の紹介です

ナンテン(南天)

散歩で出会ったナンテン南天

ナンテンの写真


ナンテンの実が赤く色づいていました。

南天

ナンテンは、難転(難を転じて福となす)に通じることから、縁起のいい木とされているそうです。

ナンテンの写真や絵を見るだけでも厄除けの効果があるそうです。

南天の実

戦国時代の武将は縁起をかつぐために鎧びつ中にナンテンの葉を入れたり、出陣のときにナンテンの枝を床に飾ったりしたそうです。

ナンテンの実
【使用カメラ】Canon EOS 80D【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

ナンテンは仙人の食べ物とされ、仙人が持つ杖はナンテンの木で作られているといわれています。

ナンテンの箸は消化不良を防ぐ効果があるといわれており、生後100日目に赤ちゃんに初めて食べ物を与えるお食い初めではナンテンの箸を用いる風習があります。

【スポンサーリンク】

ナンテンの基本情報

科名:メギ科

原産地:中国

果実鑑賞期間:11月~2月

花色:白

果実の色:赤

ナンテン(南天)の名前の由来

ナンテン(南天)は、中国では「南天燭」「南天竹」と呼ばれており、それらの名前を簡略化して「ナンテン」と呼ばれるようになったそうです。

「南天燭」は南天の実が「燭(ともし火)」のように赤いことに由来し、「南天竹」は株立ちや枝の節が竹に似ていることに由来しています。

ナンテンの別名

ナンテンの別名は「ナツテン」「ナルテン」です。

英名は「nandin」「sacred bamboo(聖なる竹)」「Heavenly bamboo(天国の竹)」です。

ナンテンの花言葉

(赤い実)
「幸せ」
「私の愛は増すばかり」
「福をなす」
「よき家庭」

(白い実)
「深すぎる愛」
「機知に富む」
「つのる愛」

ナンテンの誕生花

ナンテンは12月5日、12月8日の誕生花です。

【スポンサーリンク】

以前に撮ったナンテンの写真

4年前に撮ったナンテンの写真です。

ナンテン(南天)の実の写真

ナンテンの実の写真

南天の実の写真
【使用カメラ】EOS Kiss X5【レンズ】EF35mm F2 IS USM

【スポンサーリンク】



1 Comment on お散歩フォト・ナンテン(南天)|難を転ずる縁起木

  1. mimimin | at |

    あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします☆
    昨年はワンコとのお別れがあったり、転職して忙しくなったりで、ブログの更新のペースが落ちてしまっていますが、今後も無理のないペースでぼつぼつ続けていこうと思います。

Comments are closed.