クリサンセマム・ノースポール|花の写真・花言葉

クリサンセマム・ノースポールの花言葉の画像

クリサンセマム・ノースポール花の写真花言葉誕生花別名・クリサンセマム・ノースポールとマーガレットの違い(見分け方)の紹介です。

クリサンセマム・ノースポール

ワンコの散歩で出会ったお花★クリサンセマム・ノースポール

クリサンセマム・ノースポールの花の写真

クリサンセマム・ノースポールの花が咲いていました。

クリサンセマム・ノースポールの花の写真と花言葉の画像
【使用カメラ】Canon EOS 80D【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

クリサンセマム・ノースポールはとても丈夫で育てやすいので、ガーデニング入門にぴったりです。
ただ花の香りにクセがあるため、敬遠されることもあります。

クリサンセマム・ノースポールは、中国では食用として栽培されており、ヨーロッパでは観賞用として栽培されています。

【スポンサーリンク】

クリサンセマム・ノースポールの基本情報

科・属名:キク科・フランスギク属(レウカンセマム属)

原産地:地中海沿岸、北アフリカ

開花期:11~6月

草丈:20cm~30cm

花色:白

クリサンセマム・ノースポールとマーガレットの違い(見分け方)

クリサンセマム・ノースポールの花の形はマーガレットに似ていますが、茎はマーガレットよりも太くてしっかりしています。

葉は、マーガレットは春菊のような細い葉ですが、クリサンセマム・ノースポールはギザギザとしたのこぎりのような形をしています。

花の大きさは、マーガレットは直径5cmほどですが、クリサンセマム・ノースポールはそれよりも一回り小さくて直径3cmほどです。

クリサンセマム・ノースポールの名前の由来

クリサンセマム・ノースポールという名前は種苗会社サカタのタネの商品名ですが、種苗登録などはされていないため一般名として定着しています。

クリサンセマム・ノースポールのクリサンセマム(Chrysanthemum)は、ギリシア語の「chrysos(黄金)」と「anthemon(花)」が語源で、黄金の花という意味です。

ノースポール(northpole)は、北極(ノースポール)の白い大地のように白い花が株全体を覆うことにちなみます。

クリサンセマム・ノースポールの別名

クリサンセマム・ノースポールの別名は、ノースポール(northpole)、クリサンセマム・パルドサムクリサンセマム・パルドーサム)です。

パルドサムはラテン語のpaludosum(沼地の)が語源で、沼地に生えていたことに由来するようです。

クリサンセマム・ノースポールは日本では、ヌマザワギク沼沢菊)、寒白菊カンシロギク)とも呼ばれます。

寒白菊は、冬に咲く白い菊の花という意味です。

クリサンセマム・ノースポールは英語では「Mini marguerite(小型のマーガレット)」や「Snow daisy(雪のデイジー)」と呼ばれています。

クリサンセマム・ノースポールの花言葉

「誠実」
「高潔」
「お慕いしています」
「優しい気持ち」
「冬の足音」
「愛情」
「清潔」
「輪廻転生」

誕生花

クリサンセマム・ノースポールは、1月9日、12月24日の誕生花です。

【スポンサーリンク】

以前に撮ったクリサンセマム・ノースポールの花の写真


一昨年に撮ったクリサンセマム・ノースポールの花の写真です。
クリサンセマム・ノースポールの写真

クリサンセマム・ノースポールの画像
【使用カメラ】EOS Kiss X5【レンズ】EF35mm F2 IS USM

【スポンサーリンク】