ポーチュラカの花の写真・花言葉

黄色のポーチュラカの花の写真

ポーチュラカ・黄色の写真

ポーチュラカ花の写真花言葉名前の由良誕生花などの紹介です。

ポーチュラカ

ワンコの散歩で出会ったお花☆ポーチュラカ

黄色のポーチュラカの花の写真

黄色のポーチュラカの花が咲いていました。

黄色のポーチュラカの画像

ポーチュラカは1983年にドイツから入ってきて、1990年の大阪花博がきっかけで一気に普及したそうです。

ポーチュラカ・黄の画像

ポーチュラカは雑草のスベリヒユとマツバボタンが掛け合わさったもの、もしくはタチスベリヒユの突然変異種とされています。

肉厚の葉にたっぷり水分が蓄えられるため、暑さや乾燥に非常に強い性質を持っています。

ポーチュラカの花の写真・黄色

ポーチュラカの花は朝開いて夕方前にしぼむ1日花ですが、最近では夕方まで開花する品種も出回っています。

【スポンサーリンク】

ポーチュラカの基本情報

科名  スベリヒユ科

原産地 南北アメリカなど

開花期 5月~10月

花色 白・赤・ピンク・オレンジ・黄・紫など

ポーチュラカとマツバボタンの見分け方

ポーチュラカの花はマツバボタンにとてもよく似ていますが、マツバボタンの葉は棒状なのに対してポーチュラカの葉は平べったい形をしているので簡単に見分けられます。

ポーチュラカの名前の由来

ポーチュラカという花名は、ラテン語の「porto(持ち運ぶ)」と「lac(乳)」が語源で、茎や葉を切ると乳状の液が出ることにちなんでいるという説や、ラテン語の「porta(ポータ・入口)」が語源で、実が熟すと蓋が取れて口が開くことに由来するという説があります。

ポーチュラカの別名

ポーチュラカの別名(和名)はハナスベリヒユ(花滑莧・花滑りひゆ)・ヘラバマツバボタン(箆葉松葉牡丹)・ヒロハマツバボタン(広葉松葉牡丹)です。

ハナスベリヒユという名前は、雑草のスベリヒユ(滑莧)に似ていることと、花が大きいことにちなみます。
スベリヒユの「スベリ」は茎や葉を茹でた際にぬめりが出ることや踏みつけると滑ることに由来し、「ヒユ」はヒヨコと同源の言葉で小さくて可愛らしいという意味です。

ヘラバマツバボタンやヒロハマツバボタンという名前は、マツバボタンに似ていることと、葉が平べったいことにちなみます。

英語では「Green purslane(グリーン・パースラン)」と呼ばれています。

【スポンサーリンク】

ポーチュラカの花言葉

「無邪気」
「いつも元気」
「自然を愛する」
「可憐」

誕生花

ポーチュラカは7月16日・9月26日・9月29日の誕生花です。

写真の詳細

この記事のヤマボウシの写真は下記のカメラとレンズを使用して撮影しました。

【カメラ】Canon EOS 80D
【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

【スポンサーリンク】