龍天門のランチ(ウェスティンホテル・中華料理)

湯葉巻き|飲茶ワゴン|龍天門のランチの画像

飲茶ワゴン|龍天門のランチの画像

桂花陳酒|龍天門(ウェスティンホテル東京)の画像

本日のスープ|龍天門のランチ(ウェスティンホテル東京)の写真

牛肉の広東味噌煮込み|龍天門(ウェスティンホテル東京・中華料理)の画像

海鮮と鶏肉、野菜の炒め|龍天門の写真

チャーハン|龍天門(ウェスティンホテル東京・中華料理)の写真

デザートの盛り合わせ|龍天門のランチ(ウェスティンホテル東京)の写真

龍天門(ウェスティンホテル東京)のランチのグルメレポートです。

【スポンサーリンク】


龍天門(ウエスティンホテル東京)

お友達と一緒にウエスティンホテル東京の龍天門のランチに行きました。
龍天門に行くのは5年ぶりです。

5年前までは時々行っていたのですが、なんとなくコスパがよくないような感じがして、足が遠のいていました。

でも5年も経ったので、また違う印象を持つかもしれないと思って、今回ランチに行ってみることにしました。

龍天門のランチ・琴棋詩酒

注文したのは琴棋詩酒という月替わりランチです。

まず最初に運ばれてきたのは、焼き物入り盛り合わせ。
焼き物入り盛り合わせ|龍天門のランチ  琴棋詩酒(ウエスティンホテル東京)の画像
盛り付けが地味というか…雑なような気がしないでもありません。
これで、いいのでしょうか(・・*)?
お料理の説明もなかったので、何かはよくわかりません(鶏とキュウリはわかります)。
味は普通に美味しかったです。

前菜を食べていたら急に桂花陳酒が飲みたくなっちゃったので注文しちゃいました。
桂花陳酒|龍天門の写真
まだ一口も飲んでない状態ですが、ちょっと少ない気が…。

一口でなくなっちゃったので、もういっぱいお代わりしました(・Θ・;)コレナラ 10パイハ イケル

飲茶ワゴンが運ばれてきて、ワゴンに乗っている点心を見せていただけました。
点心は6種類あって、このランチセットではその中から1種類を選べます。

どれもこれも美味しそうなので、悩みまくった末に湯葉巻きにしました。
湯葉巻き|飲茶ワゴン|龍天門のランチ(ウエスティンホテル東京)の画像
これは、かなり美味しかったです。

他の点心も全部美味しそうだったので、1種類しか選べないのが残念…(・。・、)ゼンブタベタカッタ…

お友達が選んだ点心。
飲茶ワゴン|龍天門のランチ(ウエスティンホテル東京)の写真
骨付きの鶏です。
点心はシェアしたので半分いただきましたが、これも美味しかったです。

本日のスープ
本日のスープ|龍天門のランチの画像
これも説明はありませんでした。

メインのお料理は月替りで5種類の中から選べます。

私が選んだのは、「海鮮と鶏肉、野菜の炒め」。
海鮮と鶏肉、野菜の炒め|龍天門のランチ の写真
あっさりした味です。
素材もいいもののようですが、メインにしては量がかなり少ないような感じがします。
お友達とシェアしたかったのですが、エビもホタテも1つずつしか入っていなかったので分けにくかったです。

お友達が選んだのは、「牛肉の広東味噌煮込み」。
牛肉の広東味噌煮込み|龍天門のランチ
これはかなりこってり系です。

このコースには白いご飯がつくのですが、700円の追加料金を払うとチャーハンや麺類を選ぶことができます。

一度このお店のチャーハンが食べてみたかったので、チャーハンを注文しました。
チャーハン|龍天門の画像
思ったより少量です。
そして、なんだかぜんぜん艶がなくて、見るからにう〜んという感じだったのですが、食べてみたら、やっぱりぼそぼそした食感で、う〜んという感じでした。
いつもこんな感じなのか、たまたま失敗作に当たっちゃったのかは不明です…(・Θ・;)

デザートの盛り合わせ
デザートの盛り合わせ|龍天門のランチ 琴棋詩酒の画像
これは、普通に美味しかったです。

【スポンサーリンク】

龍天門のランチの感想

今回の龍天門のランチは、5年前に感じたのとあんまり変わらない印象でした。

ただ、飲茶ワゴンの点心はすごく美味しかったです。
飲茶ワゴンに乗っていた他の点心も、どれも見るからに美味しそうでした。

普通のお料理と点心とはかなり味の感じが違うので、点心を担当している人とお料理を担当している人は別なのかもしれません。

今回いただいた月替りランチの「琴棋詩酒」のお値段は3,550円+チャーハンの追加料金700円で、4,250円(サービス料と消費税別)。
これに飲み物代(桂花陳酒800円×2杯)やサービス料や消費税を入れると、合計金額は7千円ちょっとぐらい。
飲み物を飲まなかったとしてもお支払い額は5千円をちょっと超えちゃいます。

お友達の分の点心やメインのお料理も一緒に紹介したので品数が多いように見えますが、実際には点心は1品だけ、メインのお料理も1品だけなので、ビジネスランチのような感じのシンプルな構成です。
これで5千円を超えるのは、ちょっとコスパがよくない感じです。

先日行ったペニンシュラのヘイフンテラスの中華ランチは同じぐらいの価格でシャンパンや中国茶のポットサービスまでついていたので、そちらのほうがコスパはかなりいいような気がします。お料理もヘイフンテラスのほうがおしゃれで垢抜けた感じでした。
【関連記事】⇒ヘイフンテラスのランチ(ザ・ペニンシュラ東京)

龍天門のお店の雰囲気は広々としていてすごくいい感じです。
窓から日の光が入るので、昼間は窓際の席が明るくてよさそうです。
ただ、お店が広いでの、真ん中辺りのお席はちょっと落ち着かないかもしれません。

サービスは、お店の広さのわりには店員さんの人数が少ないせいか店員さんは全員バタバタと忙しそうにしているので、行き届いたサービスというわけにはいきませんが、感じはいいと思います。

お料理は点心がかなり美味しかったので、次回はセットやコース料理を頼まずにアラカルトで点心だけをいっぱい頼んで、テーブルに点心をいっぱい並べて飲茶をしてみたいです(“▽”)

ほとんどの点心は2個入りなので、2人か4人というような偶数の人数で行くと沢山の種類の点心を食べられて楽しそうです。

点心がワゴンで運ばれてくるサービスはランチの時だけですが、夜も点心のメニューがかなり豊富にあるので、ディナーのときに飲茶をゆっくり楽しむのもよさそうです。

龍天門のお得な予約方法

今回は急に行くことになったので事前に予約をせずに行きましたが、予約サイトの一休に、ディナー限定でワンドリンクが無料でついて、更に飲食代が30%オフになるというお得なプランがあったので、それだとコスパがかなりよくなりそうです。

近いうちにまた龍天門に行って、今度は美味しい点心だけをいっぱい食べようと思います ((((o゜▽゜)o)))テンシンlove♡

⇒龍天門の割引プラン(一休)

【スポンサーリンク】


■ウェスティンホテル東京のレストランに関する記事