アマン東京のブラックアフタヌーンティー|ザ・ラウンジbyアマンのアフタヌーンティー

ザ・ラウンジbyアマンの画像

アマン東京|ザ・ラウンジbyアマン(大手町)の写真

ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティー|アマン東京(大手町)

軽食|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティー|アマン東京のアフタヌーンティー

ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーのスイーツの写真

アマン東京のアフタヌーンティー(スイーツ)の写真

アマン東京のブラックアフタヌーンティー(スイーツ)

抹茶のスコーン|アマン東京のブラックアフタヌーンティーの画像

ラップサンドイッチ|アマンのブラックアフタヌーンティー

竹炭バンズとローストビーフ 茄子のサンドイッチ|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティー

マンゴープリン ブラックタピオカ|アマン東京のアフタヌーンティーの写真

ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティー|アマン東京のアフタヌーンティー

紅茶|アマン東京の画像

|アマンのアフタヌーンティー

チョコレートのハイヒール|アマン東京のアフタヌーンティーの写真

カプチーノ|ザ・ラウンジbyアマン

アマン東京のアフタヌーンティーのティーポットの写真

ザ・ラウンジbyアマン(大手町)

大手町のアマン東京のロビー階にあるザ・ラウンジbyアマンアフタヌーンティーのグルメレポートです☆

【スポンサーリンク】


アマン東京のアフタヌーンティー

先日、お友達と一緒に大手町のアマン東京の「ザ・ラウンジbyアマン」に行って、アフタヌーンティーをいただきました。

アフタヌーンティーの三段スタンドは白っぽいものや金色や銀色の華やかなものが多いのですが、アマンのアフタヌーンティーの三段スタンドはまっ黒なので「ブラックアフタヌーンティー」と呼ばれています。

このブラックアフタヌーンティーは以前は予約2ヶ月待ちというような状況だったようですが、最近はそれほど予約が困難というわけではないようです。

アマン東京は2014年に開業した高級ホテルで、大手町タワーの最上階6フロアで営業しています。

アマン東京に行ったのは初めてで、大手町の駅直結ということだったのですぐにたどり着けるだろうと思っていたのですが、大手町タワーまで行ってもホテルの入口がどこなのか全然わからなくて、警備員さんに訊くと「ここです」と言って警備員さんが指をさした先には、目立たないドアがひっそりとありました。

え?高級ホテルなのにこんなにひっそりとした入口なの?と思いながら中に入るとドアマンが待ち受けていて、アフタヌーンティーの予約をしていると告げると、ラウンジへの行き方を教えてくれました。

これなら、宿泊客や飲食店の利用客以外は入りにくいので、ホテルのロビーのソファーなどをお客以外の人の憩いの場にされにくくなるのでいいかもしれません。

エレベーターで33Fに上がると、ロビー階に到着。
アマン東京のロビー
シックな感じのロビーです。
人はあまりいなくて、ロビーのソファーはほとんど誰も使用しておらず、宿泊客や飲食店の利用客以外の人の憩いの場にはされていないようです (^^;)ワタシガヨクヤルヤツデス

上を見上げると、巨大な吹き抜けの天井が障子のような感じになっていました。
アマン東京のロビーの天井の画像

真上はこんな感じです。
アマン東京のロビーの写真

ザ・ラウンジbyアマンの入口でアフタヌーンティーの予約をしていることを告げると、すぐにお席に案内されました。

ところが、案内されたのはお茶だけをする人のためにティーテーブルというような感じのお席でした。
テーブルがかなり小さくて、アフタヌーンティーのセットが置けそうなスペースはありませんでした。
他のお席はもう予約でいっぱいでこの席しか空いていないということでしたが、広い店内はちらほらお客さんがいる程度です(@_@)

こんな小さなテーブルにアフタヌーンティーのセットが置けるのかな…と心配していたら、すぐにテーブルの横の通路に小さなサイドテーブルがセッティンされました。
なんだか窮屈な感じです。

以前、ネットでここのアフタヌーンティーの感想が書かれたブログをいくつか見たとき、お席に対する不満の声が結構多くて、今回のようにすごく小さいテーブルに案内されたというようなものや、窓が全く見えない薄暗い席に案内されたというようなものもかなりあったので、窓からは離れているけど窓の外の景色が見えるだけまだいいかな…と思っちゃいました (^^;)

吹き抜けの窓は大きくて、開放的な感じです。
ザ・ラウンジbyアマン|アマン東京(大手町)の写真
提灯がちょっと違和感がありますが、外国の方は喜ぶのかもしれません。

ずっとお琴の生演奏が流れていて、それもなんだかちょっと違和感がありました。
普通にピアノ演奏のほうがいいかも…。

ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティー

アマンのアフタヌーンティーの飲み物は、20種の紅茶や日本茶やハーブティーやコーヒーから好きなものを選べます。
お代わりは自由で、種類も何度でも変えられます。

ちょっと暑かったので1杯目はオータム ポワール(アールグレイと洋なしの冷たい紅茶)を注文しました。
オータム ポワール|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの写真
洋なしのほのかな甘味が効いていてすごく美味しかったです。

飲み物を飲んでいたら、ブラックアフタヌーンティーの三段セットと、可愛い帽子の形のフタがついたジュレがサイドテーブルに運ばれてきました。
ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティー|アマン東京(大手町)の写真

まずはジュレからいただきました。

「シークヮーサーとミントのジュレ シャインマスカットとチョコレートハット」
シークヮーサーとミントのジュレ シャインマスカットとチョコレートハット|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティー
蓋はチョコでできているので食べられます。

蓋を取ると美味しそうなシークヮーサーのジュレ。
マスカットが入っていて爽やかなお味です。
シークヮーサーとミントのジュレ シャインマスカット|アマン東京のアフタヌーンティーの写真

次は、下の段の軽食をいただきました。
軽食|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの画像
軽食は4種類。

ラップサンドイッチ
ラップサンドイッチ|アマンのブラックアフタヌーンティーの写真

竹炭バンズとローストビーフ 茄子のサンドイッチ
竹炭バンズとローストビーフ 茄子のサンドイッチ|アマン東京のアフタヌーンティーの画像
パン真っ黒です(@_@)
竹炭パウダーが入っているようです。
竹炭は身体にいい食品なので、まっ黒だけど別に怪しい食べ物ではないようです (^^;)

中はローストビーフたっぷり。
竹炭バンズとローストビーフ 茄子のサンドイッチ|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの写真

南瓜のプティタルト
南瓜のプティタルト|アマンのブラックアフタヌーンティーの写真

枝豆のムースとトマトジュレ
枝豆のムースとトマトジュレ|アマンのブラックアフタヌーンティーの写真

ここで紅茶のダージリンサマーを注文しました。

ティーカップも黒です。
紅茶|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの写真

ティーポットも黒。
ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーのティーポットの画像

スコーンが運ばれてきました。
プレーンと抹茶のスコーン|アマンのブラックアフタヌーンティーの写真

スコーン用のクロテッドクリームと蜂蜜。
クロテッドクリーム|アマンのブラックアフタヌーンティーの写真

スコーン用のジャム。
スコーンのジャム|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの画像

まずは抹茶のスコーンからいただきました。
抹茶のスコーン|アマン東京のアフタヌーンティーの画像

続いてプレーンのスコーン。
スコーン|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの写真

ここでカプチーノを注文。
カプチーノ|ザ・ラウンジbyアマンの写真

そしていよいよ、スイーツです☆

真ん中の段のスイーツからいただきました。
ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーのスイーツの画像

これが1人分。
ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティー|アマン東京のアフタヌーンティーの写真

手前の向かって右は、巨峰とカシスのシュークリーム
巨峰とカシスのシュークリーム|アマン東京のアフタヌーンティーの写真

向かって左は、桃と赤スグリのクランブル
桃と赤スグリのクランブル|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの画像

マンゴープリン ブラックタピオカ
マンゴープリン ブラックタピオカ|アマン東京のアフタヌーンティーの写真

メロンのプティタルト
メロンのプティタルト|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの画像

のんびり食べていたので、真ん中の段を制覇したあたりで2時間ほどが経過していました。

アマン東京のアフタヌーンティーは2時間半という時間制限があるので、残っている一番上の段のスイーツをあと30分で平らげなければいけません。
そろそろラストスパートをかけなきゃ(・ω・; )

ラストオーダーを聴きに来ていただけたので、紅茶のルフナを注文。

一番上の段はチョコのスイーツです。
アマンのブラックアフタヌーンティー(スイーツ)の画像
チョコでできたバッグやハイヒールやダイヤモンド。

お人形の靴のようなハイヒールが可愛いです。
アマン東京のブラックアフタヌーンティー(スイーツ)の写真

ダイヤモンドの中は、青リンゴのパートドフリュイが入っています。
ダイヤモンドの器と青リンゴのパートドフリュイ|アマン東京のアフタヌーンティーの写真

まずは青リンゴのパートドフリュイからいただきました。
チョコレートのダイアモンドの中身|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの画像
周りのダイヤモンド型のチョコはかなり大きいので食べごたえがありました。

次は「ブラジル産カカオ62%チョコレートとライムキャラメルのハイヒール形ボンボンショコラ」
チョコレートのハイヒール|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの写真
可愛いから、どこから食べようかとちょっと迷っちゃいましたが…
つま先からいただきました(^^;)

最後は「フレッシュブルーベリーを入れたチョコレートバッグ」
フレッシュブルーベリーを入れたチョコレートバッグ|ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの写真
オシャレで可愛いスイーツです。

食べ終わったのは制限時間の2時間半ぎりぎりでした(・ω・; )

窓の外は夕焼け空に変わっていました。
ザ・ラウンジbyアマン|アマン東京

ザ・ラウンジbyアマン|アマン東京の写真
店内は空席もたくさんあって、それほど混んでいません。

予約が詰まっているから小さなテーブルにしか案内できないというお話だったので、あとでものすごい大勢の団体客でも来るのかな…と思っていたのですが、結局最後まで店内は空いた状態のままでした(@_@)

【スポンサーリンク】

ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの感想

かなりスイーツに比重が置かれたアフタヌーンティーでした。
上の段はチョコレート系のスイーツばかりなので、チョコ好きじゃないと完食は辛いかもしれません。

店内はお琴の生演奏があったり装飾品が和風だったりして独特の雰囲気があります。
そんなに無理して和風っぽくしなくても…というような気がしないでもないのですが、それでもちゃんとシックでスタイリッシュで高級感のある素敵な空間になっています。

居心地の良さは、お席の場所によってかなり左右されそうです。
今回は狭いテーブルだったので、お茶だけならべつに問題はないのですが、お食事をするのは、取り皿とティーカップだけでもうテーブルの上がぎゅーぎゅーという感じでかなり無理がありました。

店内は最後まで空きのテーブルがいっぱいあったのに、予約が詰まっているから小さなテーブルにしか案内できないと言われたのはちょっと謎です。
アマンのホテルのお部屋の宿泊費はかなり高額なので(1泊1人5万ぐらい)、宿泊客がいつ来店してもすぐにいい席に案内できるように、宿泊客のためにいい席を空けてあるのかもしれません。

1人5万円の宿泊費を払って泊まって、気分よくホテル内のプールで泳いだりした後でゆっくりお茶でも飲もうと思ってティーラウンジに行ったら宿泊客以外のお客で満席で入れないと言われたり、入れても微妙な席しか空いていなかったりしたら、もうこんなホテル二度と泊まらないと思っちゃうかもしれません。
というわけで、宿泊客の快適さを優先しているのだとしたら、ホテルなんだからまあ仕方がないかな…という感じです。

このブラックアフタヌーンティーのお値段は5,537円(サービス料・消費税込み)。

10月はハロウィンハニーアフタヌーンティーというのが期間限定であるようで、それもかなり気になります。

(画像は一休からお借りしました)

ハロウィンらしい見た目で楽しそうなアフタヌーンティーセットです。
10月に行けたら、また行ってみたいです。

ザ・ラウンジbyアマンの予約方法

今回はホテルに2週間ほど前に直接電話で予約したのですが、2週間前の予約でもあまりいい席ではありませんでした。
予約サイトから予約すると評価やレビューなどで評価が残されるのでいい席に案内される可能性が高いというような話を聞いたことがあるので、次回は予約サイトから予約してみようと思います。

ザ・ラウンジbyアマンのブラックアフタヌーンティーの予約は一休からできるようです。

アマン東京のアフタヌーンティーの予約(一休)

【スポンサーリンク】



アフタヌーンティーに関する記事