オミナエシの花言葉・名前の由来・オミナエシ(女郎花)の写真

思い草(おもいぐさ)の画像

アワバナ(粟花)の写真

チメグサ(血目草)の画像

オミナメシ・オンナメシ(女飯)の写真

オミナエシ女郎花)の花の写真花言葉名前の由来別名誕生花の紹介です。

オミナエシ(女郎花)

ワンコの散歩で出会ったお花☆オミナエシ女郎花

オミナエシの花の写真

オミナエシの花が咲いていました★

IMG_7573

オミナエシは、十五夜(旧8月15日)に飾る秋の七草のひとつです。

女郎花

オミナエシは古くから日本人に馴染みの深い植物で、万葉集や源氏物語にも登場します。

オミナエシの花の画像

オミナエシ
【使用カメラ】Canon EOS 80D【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

オミナエシは黄色の花を咲かせます。
オミナエシとよく似た形で白い花を咲かせるのはオトコエシです。

【スポンサーリンク】

オミナエシの基本情報

科名:オミナエシ(スイカズラ)科

原産地:日本、東アジア

開花時期:8月~10月

花色:黄色

オミナエシの名前の由来

オミナエシの名前の由来は、「おみな」は「若い女性・女性・美人」の意味で「えし」は古語の「へし(圧し・減し)」で、美女も圧倒する美しさという意味の「おみな圧し」からきているという説があります。

また、「粟(あわ)ごはん」のことを「女飯」といっていましたが、花が粟つぶに似ていることから「女飯」が「おみなめし」→「おみなえし」となったという説もあります。

オミナエシの別名

オミナエシの別名は、アワバナ(粟花)、思い草(おもいぐさ)、オミナメシ・オンナメシ(女飯)、ハイショウ(敗醤)、パトリニア、アワゴメバナ、チメグサ(血目草)、ムシアワ(蒸粟)、リュウゲ(竜牙)、コウゲ(黄花)です。

オミナエシの花言葉

「親切」
「美人」
「はかない恋」
「永久」
「忍耐」
「約束を守る」
「深い愛」
「やさしさ」
「純真」
「心づくし」
「美しさ」
「佳人」

誕生花(オミナエシ)

オミナエシの誕生花は、8月16日、9月5日、10月6日です。

【スポンサーリンク】

以前に撮ったオミナエシの花の写真


4年前に撮ったオミナエシの花の写真です。
オミナエシの写真

オミナエシ(女郎花)の黄色い花の写真

オミナエシ(女郎花)の写真
【使用カメラ】EOS Kiss X5【レンズ】Canon EF50mm F1.8 II

ダイアリー

花粉症の咳が治まったと思ったら、今度は毎年恒例の花粉症の頭痛が始まっちゃいました〜(=_=;)イツモ ヒダリダケ イタクナルノハ ナゼ?

【スポンサーリンク】