シモツケ(下野)の花の写真・花言葉

シモツケの画像

シモツケ(下野)の花の写真・花言葉・名前の由来・誕生花の紹介です。

シモツケ(下野)

ワンコの散歩で出会ったお花☆シモツケ(下野)

シモツケの花の写真

シモツケの花が咲いていました★

シモツケの花の写真

シモツケは秋から冬にかけての紅葉も綺麗です。

下野の写真

【スポンサーリンク】

シモツケの基本情報

科名:バラ科

原産地:日本・東アジア

開花時期:5月〜8月

花色:赤,白,ピンク

シモツケ(下野)の名前の由来

シモツケ(下野)という名前は、下野国(栃木県)で最初に発見されたことに由来します。

シモツケの英名と中国名

シモツケ英語名でJapanese Spiraeaです。

シモツケ中国語名は「繍線菊(シュクセンギク)」です。
この名前は中国の悲しい伝説に由来します。
昔、中国に繍線という少女が、敵国の捕虜になった父を救うために男装して敵地に踏み入りましたが、獄舎にたどりついたとき父はすでに病死していました。悲しみに暮れた繍線は父の墓の傍らに咲いていた一輪の花を持ち帰り庭に植えたところ美しい花が咲いたので、人々はその花を孝心深い少女の名をとって繍線菊(シュクセンギク)と名づけた、と言われています。

【スポンサーリンク】

シモツケの花言葉

「無駄」
「無益」
「整然とした愛」
「はかなさ」
「努力」
「自由気まま」

■丸葉シモツケの花言葉
「爽やかな朝」

シモツケの花言葉の由来

「無駄」「無益」という花言葉は、捕虜にされていた父を助けに行った少女が父のもとへ行くと父は既に病死していたという中国のお話に由来します。

誕生花(シモツケ)

シモツケは6月14日・8月22日の誕生花です。

写真の詳細

この記事のシモツケの花の写真は下記のカメラとレンズを使用して撮影しました。

【カメラ】Canon EOS 80D
【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

ダイアリー

昨年の春から苦手分野の克服のつもりで始めたことがあまりにも忙しくなりすぎてしまったので、今月いっぱいでやめることにしました。
最初はものすごく苦手なことだったんだけど今ではこれは天職なんじゃないかと思えるぐらいの得意分野になったので、苦手分野の克服の目的はしっかり達成できました。
来月からは少し時間ができるので、また何か新しいことにチャレンジしたいな〜o(^-^)o

【スポンサーリンク】