乙女椿の花の写真・ツバキの花言葉

ツバキ(乙女椿)の画像

乙女椿オトメツバキ)の花の写真ツバキ花言葉名前の由来・別名・誕生花の紹介です。

乙女椿(オトメツバキ)

ワンコの散歩で出会ったお花☆乙女椿オトメツバキ

ピンクの千重咲きツバキの写真

乙女椿の花が咲いていました。

椿の花(乙女椿)の写真

ツバキの花は香りがないことから、「控えめなやさしさ」や「控えめな美」などのような「控えめ」という言葉がついた花言葉や、「気取らない優美さ」や「謙遜」などの花言葉がついています。

椿(乙女椿)の画像

ツバキ(乙女ツバキ)の写真
【使用カメラ】Canon EOS 80D【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

【スポンサーリンク】

ツバキの基本情報

科名: ツバキ科
原産地: 日本・中国
色: 赤・白・ピンク
開花時期: 12月~4月

乙女椿と乙女サザンカの見分け方

乙女椿と乙女サザンカはよく似ています。
椿とサザンカは雄しべの付き方で見分けられますが、乙女椿や乙女サザンカは雄しべが花弁に隠れていることが多いので見分けにくいのですが、以下のような見分け方があります。

  • 乙女ツバキは花が丸ごと落ちますが、乙女サザンカは花びらがバラバラに散る
  • ツバキの葉柄には毛がなくツルツルしていましが、サザンカは葉柄に毛が生えていてザラザラしている。

乙女椿の名前の由来

乙女椿(オトメツバキ)という名前の由来は、実ができないから乙女という名前がついたという説や、可憐な花姿が乙女を連蔵させるからという説や、江戸時代にある藩から他藩へ門外不出となったから「お止め椿」という名前になり、それが「乙女椿」に変わったという説があります。

椿(ツバキ)というの名前の由来は、「強葉木(つばき)」が語源で葉が丈夫なことに由来するという説や、「艶葉木(つやはき)」が語源でつやのある葉にちなんでいるという説や、「厚葉木(あつばぎ)」が語源で葉が厚いことに由来するという説があります。

ツバキの別名

藪椿(ヤブツバキ)
耐冬花(タイトウカ)

ツバキの英名は「Camellia」です。

ツバキ(椿)の花言葉

ツバキ全般の花言葉

「謙遜」
「完全な愛」
「完璧な魅力」
「女性らしさ」
「控えめなやさしさ」
「誇り」
「敬愛」
「感嘆」
「完全」
「完璧」
「美徳」
「おしゃれ」
「理想の愛」
「理想の恋」
「私は常にあなたを愛します」

赤いツバキの花言葉

「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」「謙虚な美徳」

白いツバキの花言葉

「完全なる美しさ」「申し分のない魅力」「至上の愛らしさ」

ピンクのツバキの花言葉

「控えめな美」「控えめな愛」「慎み深い」

誕生花

ツバキは、1月1日(白)、1月2日(赤)、1月25日(白)、2月3日、11月11日(白)、12月10日、12月21日(白)の誕生花です。

【スポンサーリンク】

以前に撮った乙女椿の花の写真

乙女サザンカの花の写真(ピンクの八重咲き山茶花)

昨年に撮った乙女椿の花の写真です。

乙女サザンカ(乙女山茶花)
【使用カメラ】EOS Kiss X5【レンズ】EF35mm F2 IS USM

【スポンサーリンク】