タマスダレ(ゼフィランサス・レインリリー)の花言葉・誕生花・毒性

白いタマスダレの花の写真

タマスダレの画像

玉簾の花の写真

タマスダレ玉簾ゼフィランサスレインリリー)の花の写真花言葉名前の由来誕生花毒性の紹介です。

タマスダレ(玉簾)

ワンコの散歩で出会ったお花☆タマスダレ玉簾

タマスダレの花の写真

タマスダレの花が咲いていました。

玉簾の画像

白いタマスダレの写真

タマスダレの花の画像

タマスダレは雨が降ったあとに一斉に花を咲かせることから「期待」という花言葉がついています。

【スポンサーリンク】

タマスダレの基本情報

科名:ヒガンバナ科

原産国:アメリカ

開花期:5月~10月

花色:白・ピンク・黄・オレンジ

タマスダレの毒性

タマスダレはリコリン(lycorine) というアルカロイド が含まれているため食べると嘔吐や痙攣などを起こす場合があります。

葉をニラと間違えたり、鱗茎をノビルと間違えて食べて中毒を起こす例があるので注意が必要です。

タマスダレ(玉簾)の名前の由来

タマスダレ玉簾)という名前は、白い花が「玉」のように見え、葉が集まっている姿が「すだれ」のように見えることに由来します。

タマスダレの別名

タマスダレの別名はゼフィランサス(Zephyranthes)・レインリリーです。

ゼフィランサス(Zephyranthes)という名前は、ギリシア語の「Zephyros(西風、ゼピュロス)」と 「anthos(花)」が語源になっています。

レインリリーは、雨が降って球根が潤うと花が一斉に咲くことにちなみます。

タマスダレの英名は「Fairy lily(フェアリーリリー)」「Rain lily(レインリリー)」です。

【スポンサーリンク】

タマスダレの花言葉

「清純な愛」
「潔白の愛」
「清い愛」
「予想」
「陽気」
「喜び」
「歓喜」
「便りがある」
「汚れなき愛」
「期待」

タマスダレの誕生花

タマスダレは、9月8日、9月13日、9月30日の誕生花です。

タマスダレの写真の詳細

この記事のタマスダレの花の写真は下記のカメラとレンズを使用して撮影しました。
【カメラ】Canon EOS 80D
【レンズ】EF100mm F2.8L マクロ IS USM

【スポンサーリンク】